2002年9月5日木曜日

ヘタレなまこと。

あまりにヘタレな私を見るに見かねた友達と、飲んできた。
いつもは「おまえはバカだけど…」を枕言葉(?)に付けて話すのに、今日は一度も言わなかった。
気、使ってくれたのかな。
でもでも、私の考えがネガティブすぎる、と言いながら、さらに地獄に落とすようなことを言ってのけた。くそぅ。
そんなかんじで、私はさらにヘタレっぷりを発揮。

今更彼の前で良くふるまおうだなんて思わないし、ヤツもきっと思ってない。
だけど(だから?)私は彼のことを信頼してるし、ヤツもきっとしてくれてる。(と思ってる)

そんな彼に、ヘタレはヘタレなりに頑張るという誓いを。
―この目は前を見るため 日々生きるためついているんだね―
帰りの電車の中で聴いていた曲の一節。
どうして今まで気付かなかったのだろう。