2002年9月18日水曜日

fall

あまりにほったらかしなHPでごめんなさい。
毎日増えてゆくカウンタを見るたびに、嬉しさ反面怖さ反面のようななんとも言えぬ気持ちになって、ディスプレイに映し出される数字から逃げ出したくなります。
・・・ので、せめて日記だけでも書こうかな、と。
というか、ぶっちゃけ、ここ3ヶ月ほどはまったくベアを製作していないので、何も更新できることがないのですよ、ほんとに。
あまりまとまった時間が作れないというのが、一番の理由ってことにしてるけど、まぁ作りたいときには時間など関係なく作ってしまうのだから、その“とき”がくるまではゆっくり待とうかと思っているのです。
楽しみにしてる方、ごめんなさい、ほんとうに。
そのうち突然アップするかもなので、見捨てないで待っててください(切実)

さて。
夏も終わり秋になりました。
相変わらずヘタレな私は健在だけれど、誓いどおりにヘタレなりに頑張ってるような気がします。
アルコールが入ってしまうとついまだ弱音を吐いているみたいだけれど。
悲しい事なのか、幸福な事なのか、はわからないけれど、人間は一つの感情でいるということが難しいみたい。
毎日の、生きていくための行動―食べるとか、寝るとか―が繰り返されることによって現在が次の瞬間に過去になることを実感させられて。
今の強い感情も、そうやって過去の強い感情へと移行していくようで。

あんなに暑かった夏が必然的に秋になったように。
あんなに熱かった感情も秋になるのでしょう。