2002年12月30日月曜日

将・未・来。

朝、まだベッドの中で朦朧としているときに、久し振りの某J大の友達からメールが。
「ひさしぶり!元気?
ところで就活のことなんだけど…」

…朝から重い話題です。
やっぱり、他大の様子は気になるというか。
某K大の友達は、夏頃から騒いでいて、偵察(?)の電話を何度もしてくるのだけど。
みんな何を求めて聞いてくるんだろう?
まだ何もやってないよ~。って言って欲しいのか。
もう20社エントリーしたよ~。って言って欲しいのか。
よくわからない。
結局、今朝の友達は、最終的に
「あー就活、めんどくさい。
就職できなかったら、俺の一人くらい養ってね。」
だって。
がんばれ、ほんとに。
私は絶対、養わないぞ。

“将来”と“未来”が、別のモノとして、捉えられるようになってきた。
“将来”は、必ずたどり着く場所。
“未来”は、たどり着くかもしれないし、通り過ぎるかもしれないし、届かないかもしれない場所。
未来を目指しながら、一歩一歩。
将来を見据えて、一歩一歩。