2002年12月9日月曜日

you can do it!

今まで2時間、ベアの鼻の刺繍で奮闘していました。
折れた刺繍針、3本。
新記録の樹立です。
ボディとのジョイントまでやって、現在、手足のないクマ・ダルマが2体(笑)

昨日の深夜3時近くに、関西に住む友達からメールが。
「来月に関東に行くかもしれへんから、会おう!」って。
彼は、中学の数ヶ月間、同級生だった人で、今はJリーグのチームに所属していて。
キーパーなので、チャンスはなかなか、難しいみたい。
それでも「俺にはこれしかないから」って、怪我しても、練習がどんなにハードでも、やっぱりサッカー馬鹿のままらしい。
そんな彼に、思わず、就活の愚痴をこぼしてしまった。

中学生の頃、毎日休み時間になるとボールを抱えてグランドに飛び出して行ってた姿を思い出す。
体育がない日でも、常にジャージを着ていて、ジャージ以外の服装を見たことがない。
その当時のクラスメートの大半は、今は慶応・早稲田・東大なんて、一流大学へ通っているけど。
テストでどんなに悪い点数を取っても、けろっとしてた彼の
「自分に素直な評価するのが一番やで。
YOU CAN DO IT!」
って言葉が、すごーく励みになった。
私より一歩先を、前だけを見て歩いている人の言葉でした。