2003年3月8日土曜日

ドキドキ感。

最近、上手に眠れないことが続いていて。
昨日も2時過ぎにベッドに入ってから、5時間、「寝たいのに眠れない」という、静かな闘いを繰り広げて。
3時頃、雨の音の中、道路清掃車の音が。
初めて道路清掃車の存在を知ったのは、小学低学年の時。
隣に住む従兄弟のところへ泊りに行っていて、ザーっという音が、その音であると教えてもらいました。
なんだか、深夜の秘密を知ってしまったようで、ドキドキしたのを覚えてる。
今では深夜は生活の一部で、特別なモノではなくなってしまったけれど。
あの種のドキドキ感は、今ではすっかり、味わうことがなくなってしまったかも。
ちょっと、悲しい。

今晩は、不戦勝であることを祈ります。