2003年4月14日月曜日

ゆめ。

夜の散歩の花。(なんだろう?桜じゃないし…)


今朝、お父さんが、イギリスへ旅立ちました。
1年間の留学です。
学生になります。
先月、3ヶ月の船旅から帰ってきて、その2日後に、この話が決まっていて。
即断・即決・即行動。
そのたびに驚いていても身がもたないので、そうゆうものだと思うことにした。
薄々気付いてはいたけれど、たぶん、我が家はちょっと変わっている。

やりたいこと。
見つかってしまったのだけれど、それは“憧れ”の世界のようで。
ポロっと言葉にしてみたら、即座にお母さんに反対されました。
小学生が「サッカー選手になりたい」とか「幼稚園の先生になりたい」とか言っているのと、同レベルに見えるらしい。
けれど実際、そうゆう職業が存在して、そうゆう仕事をしている人がいて。
新卒がダメだ、と言われてしまえばそれまでだけど、それならば、何年か後にチャレンジしてみようと思うのです。
ちょっぴり、本気になっていたりするのです。

・・・と結論が出てみても、やっぱり私の“今の”就活にコタエが出たわけではなく。
明日からの日々も、やっぱり気持ちだけは忙しなく、鈍い体を動かして、活動するしかないのです。