2003年5月3日土曜日

180

悶々としている友達の話を聞いて、自分のことのように考えたら、同じく悶々としてしまいました。
誰かのため、だった行為を断ち切るとき、その“誰か”を吹っ切りたい、と思っている時点で、やっぱりその“誰か”から離れられていないわけで。
180°違うところへ行ってみても、そこは同じ水平線上。
どこへ行けば、いいのでしょう。

ほんとに馬鹿げてる、と認識しながらも、そうせずにはいられない。
どうしようもない、とわかっていながらも、どうにかしようとしてしまう。
向かう先は、どこなのでしょう。