2003年5月18日日曜日

もう一言。

今、たった今、下の↓日記を書いて、『SUBMIT』ボタンを押して、ちゃんと表示されたのを確認した瞬間。
頭に浮んだ。

か い か ぶ っ て た の か も し れ な い

つまりは、きっとそうゆうことだと納得しかけて、続けざまに、頭に浮んだ。

か い か ぶ ら れ て た の か も し れ な い

つまりは、どちらもきっと、そうなのです。
現実なんて、ほんとは小さなモノで、私なんて、ほんとに小さな人間で。
受けている感覚や、感情は、与えられたモノではなくて、自分が与えている解釈なだけ。
知らない範囲は、勝手に都合の良いように、“良いモノ”で補っていただけ。
補われていただけ。
それと、現実の区別もできずに。

かいかぶる、って、便利な言葉。