2003年6月1日日曜日

クラス会。

あんなに激しかった雨も、すっかりあがって。
じとっとした、むせるような空気に包まれた渋谷で、久しぶりの高校のクラス会でした。20人以上集まって。(正確な数は不明…誰か教えてください)
久しぶりのヒトも、そうでないヒトも。
同じキャンパスにいても、なかなか会えなかったりで。

このクラスで、このメンバーで、2年間過ごせて、ほんとにほんとに幸せだと思う。
人間関係の悩みなんて、皆無だった。
そうゆうものだと思って過ごしていたけれど、今思うとそれは、すごく恵まれた環境だったとゆうことで。
このクラスの一番良いところは『自分と異なることを認める』ってことを、みんなが知らずのうちに実行していたところじゃないかしら。
個性を、批判したり、排除したりするのではなく。
淘汰ではなく、融合。
ステキな人たちで。
大好きな、クラス。

また、みんなで集まれたら。
この先も、ずっと。
ずっと。