2003年6月24日火曜日

学会。

えーと。
公約守れずな自分を責めつつ、とりあえずトップ画だけ、更新してみました。
新しい子です。(avec ぷー)
付属品作りに思いのほか、時間がとられていて(笑)
明日・・・明後日には、ちゃんとexpositionにアップしたいと思ってます。(予定)

昨日、一昨日は、大学で開かれていた学会のお手伝いに行ってました。
ゼミの教授のお願い(という半強制)を断れずに。
朝8時半集合、というありえないスケジュールで。
(ちなみに言っておくと、家からキャンパスまで約50分。家を出るまでにかかる最低準備時間、2時間)
クロークの担当だったのだけど、初日はすごーく暇で。
クローク担当、5人。
荷物を預けにきた人、10人。
暇過ぎて、高校の部活に遊びに行ったり、黒ゴマだったソフトクリームを食べに学食へ行ったり。
2日目は、一緒の係だった、英米文学科の、一つ年下の男の子と、仲良くなって。
髪もボサボサで、ヨレヨレしたTシャツで、さえない人だなぁと最初は思ったのだけど。
それでも、感じの良さそうな人、という印象で。
学会のプログラムを見ながら、勝手に発表内容の想像をしたり、お互いが興味のある言語学について語ったり。
質問のツボ、をついてる人でした。
表面的ではなく、内面的に入ってくるようでいて、けれどそれは「人の心に土足で入る」のではなく。
ノックされて、気持ちよくドアを開けたくなるような。
また、ステキな人に出会ってしまいました。

あ、でもまた名前も聞いてない(笑)
偶然キャンパスで逢える日を、待ちましょう。