2003年6月26日木曜日

パラレルワールド。

①『なんかねぇ、私、気付いちゃったのだけど』

消去

②『気付いちゃった気がするのだけど』

消去

③『気付いちゃった気がしたことを、認めちゃったのだけど』

まどろっこしいので却下。
結局②に戻り、愚か者に相応しい内容のメールを、作成、送信。
そんな私に、憐れみでなく、ほぼ完全に近い同感を持って、応じてくれる友達。
結局、充電切れるまで、話しちゃったけど。

なんてゆうのだったかしら。
パラレルワールド?
もう一つ、平行して続いていた感情。
分岐点を経て、再び、交差。
どちらが真の世界で、どちらが虚の世界か。
結論は、出そうとする前に、きっと、もう、出てたのでしょう。