2003年7月31日木曜日

おはよう。

火曜日。
バイト→その後渋谷で友達と会って、まったりカフェ飯。
フランボワーズのソーダ割、ヒットでした。

水曜日。
バイト→その後「スープしない?」の一言で、スープ。
おしゃべりしながら話がファッションにおよんで(といってもその友達との、最近7割はファッションネタ)「こうしてる場合じゃない!」とかいうノリで、新宿へゴー。
9時半過ぎまで、お買い物。

木曜日。
今日は久々のオフで、まだ爆発した頭のままで、パソコンに向かっています。
やりたいことが多すぎて、順番を考え中。
目標は、今日こそプールデビューすること。

今日も1日、味わいながら過ごしましょう。

2003年7月29日火曜日

スキップ。

ぎゅうぎゅうの予定の3日間を過ごして、それでも朝から1日、バイトへ行った私に拍手。
体力、ついてきてます。
明日もバイト。
短期のバイトさんたちに、社員だと思われてても、めげないぞ。

この数日間、めまぐるしくいろいろなことが、私の中でも起こって、外でも起こって。
頭では整理できていないことばかりで、きれいに片付いていないけれど。
それでも本能のように、重い右足の次に重い左足を出して、気付けば、ちょっと見晴らしの良いところにたどり着いていた。
乱雑なままでも、少し離れれば、キレイに見えたりするもので。
正面からぶつかってしまうと、それに視界を遮られて、途方に暮れてしまうけれど、実は全然、周りは余裕で通れる道ばかりでした。
スキップで、進んでいこう。

2003年7月28日月曜日

山中湖。

山中湖へ、行ってきました。
朝から天気も良くって、1時間半で到着。
ボートに乗って、ほうとう食べて、ぶらぶら散歩して、ソフトクリーム食べて、鯉と白鳥にエサあげて。
忍野八海行って、お団子食べて、草餅食べて、うどん食べて。
滝を求めて田んぼの中をずんずん歩いたけれど、滝は見つからず。

↑ちなみに小さく写ってるのは、私の後姿。

中等部の合宿に参加していた友達をひろって、帰路に着きました。
基本的に、食べてばかりの1日・・・。
今もお土産に買ってきた、くるみゆべしを、食べています。えへへ。

電光掲示板の「大月→八王子渋滞20km」の文字にひるんで高速を下りて、急カーブだらけのうねる道を進みながら。
キレイな人になりたくて、かわいい人になりたくて、けれどそれはどれも私とは違う。
かわいい仕草とか、聡明な台詞とか、使ってみたくても、一番それを拒んでいるのは私自身だということを、再確認して。
等身大でしか進めないのなら、それはそれで仕方がないのかも、とヤケではなく、諦めでもなく、素直に思うことが出来ました。
肩の力の抜き方を、少し覚えたようです。

2003年7月26日土曜日

花火2。

今、浴衣姿で、武蔵小金井のマックでアイスコーヒーを飲みながら、「バッテリーあがっちゃった」友達の迎えを待っているところ。
今日も花火大会へ。
昭和の森記念公園。
雨も降らなくて、浴衣で気分もたかまり、夏っぽい夜になりました。
花火は、やっぱりシンプルなモノが好き。
しだれ柳が、ベスト。
懲り過ぎた、スマイルマークとか、ハートとかは、キレイだと思えなくて。
昨日決心した通り、アルコールに任せて、単純に感動できた。
花火、きれい。

明日で梅雨もあけるらしいし、本格的に夏がスタートしそうです。

花火。

降水確率50%、の予報を見なかったことにして、逗子&江ノ島の、花火大会を見てきました。
何故か渋谷を出発すると、カーナビが「CD不良」と動かなくなってしまって。
アバウト過ぎるくらいアバウトに道をとり、私道や高速を使いながらも、逗子にたどり着いたのは3時間半後。
逗子の豪邸街(ここは日本か?と思ってしまうくらい)に住む友達のおかげで、交通規制のしかれた道へ進入。
丘の上のような公園。
深い緑に囲まれながらの、海が眼下に見渡せる絶景の中、始まりました、大輪の花。

目の高さに逗子の花火、海越しに江ノ島の花火。
なんて贅沢。むふふ。
始まると同時に、雨が本格的に降り出してしまったけれど。
濡れながらも、やっぱり花火はきれいで、はかなくて、切なくて。
何かが身体の中で渦を巻いて、出口を探していて、理由もなく、泣きたくなった。

帰りは、何故かカーナビが復活して。
助手席で、甘ったるいチュッパチャップスのストロベリーミルクを舐めながら。
フロントガラスの水滴に、テールランプが丸くぼやけて連なる様子を見て、花火を見てセンチメンタルになるのだけはやめておこう、と決めました。
単純過ぎるくらい単純に、キレイ、という方向にだけ、心を動かしておきたいです。

2003年7月25日金曜日

バランス。

朝、サンダルでホームまでの階段をダッシュしたからなのか、真相は謎だけれど、足首を捻ってしまったようです。
夜、帰宅してからズキズキと痛んで。
今も、シップのお世話に。
情けなーいっ。

たぶん、自分の中で何かが傾いていて、うまくバランスがとれていなくて。
揺れるたびに、零れた水が、ぴちゃぴちゃしてる感じ。
考えたつもりの行動が、裏目に出てしまったり。
ナンチョリソを食べようと思いつつ、口から出た言葉は「フレッシュバーガー」だったり。
衝動買いしたベルトが、サイズが合わなくて使えそうになかったり。
平衡感覚を取り戻すためには、じっとする時間も必要なのかもしれません。
足首が治るまでは、沈着に、慎重に。

2003年7月24日木曜日

まぶた。

11:45。
テスト用紙を提出して、私の夏休みが始まりました。
まだ、暑くない天気だけれど。
学食でいつも通り、ポテトとサラダを食べながら、ゼミの教授に呼び出されていることも知らずに、まったりして。
夏の予定にわくわくしたり、どきどきしたり、熱くなったり、しながら。
梅雨明けを、切に望む日々です。
窓ガラスを打つ雨を恨めしく思いながら、友達に家まで送ってもらっちゃった。
ありがと。
テスト頑張ってくださいな。

最近、まぶたの二重の(といっても奥二重な私)ラインが2本になっていて、まばたきするたびに、広くなったり、狭くなったり。
あげくの果てに、一重になってしまっていたり。きゃー。
一つに定められない私の性格が、象徴されているようで。
意思で一つのスタンスに固定するよりも、もう少し、自然に任せて、ふらふらしていようかと思ってる。
軽く生きることに惹かれつつ、真面目な人を目指したり。
ノリで行動しつつ、変に保守的だったり。
留まるには、まだまだ私には、子供な部分が多すぎる。
人間の顔は、40歳くらいまで変化し続ける、って高校の生物の先生が言っていた。
一重で固定されないことを、祈るのみです。

2003年7月23日水曜日

テスト前夜。

眠いです。

バイト後、友達と「スープしていかない?」ということで、3時間ほどまったりスープしたので(あくまでお茶ではない)、その分の3時間、睡眠時間を削ってこんな時間に。
かわゆい顔と3時間向き合っていたので、帰りの地下鉄の中、窓ガラスに映った自分の顔が、いつも以上にイケてなくて、ちょっと凹んだ。

明日は、唯一の、テスト。

ウェルニッケ中枢がどうだとか、IPAの子音記号表を頭に叩き込んで。
口や喉の中の部位の名称を、丸暗記。
文学部の、しかもフランス文学科の勉強だから、仕方がないと言えばそれまでだけれど、私の勉強していることは、雑学以外の何モノでもないようで。
空腹の猫を救うこともできないし、貧困の国を立て直す知恵にもならないし、病気で苦しむ人を治療することもできないし、悩んでいる人をカウセリングすることもできない。
あくまで自己中心的なことだけを、4年間やり通すようで。
そこに、意味を見つけることは困難だけれど、意義を見出せたら、と思いつつ、おやすみなさい。

2003年7月22日火曜日

進。

なんでもかんでも「行くー!」「参加ー!」と言ってたら、予定が収拾つかないことになってきました。
ダブルブッキング(?)もいくつか発生してしまってるし、何よりも体力の問題と、お金の問題。
ま、なんとかなるかー!(なげやり)

大好きな友達が、某省庁への就職を決めました。
すごい。
いわゆる努力家タイプというよりも、天才肌の人で。
そんな彼女が真面目に勉強していたのだから、思い立ってからたった半年ほどの勉強でも、国家一種に受かると私は確信していて。
するすると、就職先まで決めてしまっても、すごい、の次に思うのは、彼女らしいなぁ、とゆうこと。
良かったx2。

今はほんとに、岐路だと実感。
同じような時間の流れの中にいたと思っていたけれど、それは大まかなことだったのかもしれなくて。
みんなそれぞれの、行き先があって、進み方があって。
0時近くに届いた、理工学部の友達からの「今から学校」とゆうメールを見て、自分の堕落っぷりを、ちょっと悲しみました。
1年の折り返し地点。
残りの進み方を、見直すべきかもしれません。

2003年7月21日月曜日

フットワーク。

どうも最近、ジムへ行くと、夜と翌日に、偏頭痛が起こる。
有酸素運動ばかり、してるせいかしら。
脳に酸素が回っていないのかも。
とゆうわけで、今日も昼過ぎまでベッドでボーっとしてて。
起きて、シャワー浴びて、朝食なのか昼食なのかわからない食事をしながら、姉が昨日借りてきた、ビデオ鑑賞。
こわーくて、ソファに2人で丸くなりながら、クッション抱きしめて、きゃーきゃー叫んでたクライマックスで。
友から電話。

「花火大会行かね?」

うん、行かねぇ。
おかげで超超超恐いシーンを、見過ごしたようで。
「とりあえず20時に、桜木町。今すぐ来なさい。」
という命令メールを受けて、急いで出かける準備を。
相変わらず、フットワークだけは軽い私。

地下鉄の中、「15分くらい遅れると思う」というメールを送ると、それに対する返事は「花火、8時半までだった」
・・・なんですと?
飲みに行くから、とりあえず横浜に来い、という誘いを、花火見れないのに誰が横浜まで行くか!!と断り、途中下車して帰ってきた。
あーぁ。
まぁでも、こんな風に、遠慮しない友達って、怒りをそのままぶつけられる友達って、貴重なのかもしれない。
ぷんぷんしながらも、ちょっとだけ、うふふ、と思った夜でした。

2003年7月19日土曜日

風船。

��日連続、10時→18時でバイト。
の、締めの金曜の夜に、飲み会はちょっとつらい(笑)
OLにでもなったようだわ。

思考回路がヒートして、思わぬ方向に。
後先考えずに、即決即行動。
アルコールで、身体がまだ、熱を帯びています。
清々しい、と感じる一方で、とりかえしのつかないことへの、なげやりな気持ちも。
空へ飛んでいった風船が、高く高く行き過ぎて、だんだんしぼんでいくような。
割れないことを、切に願うのみです。

2003年7月18日金曜日

本音と建前。

内定もらった友達が、久々にバイトに登場。
嬉しくって。
楽しくって。
昼休みと、休憩だけでは話しきれないくらい。
ゆっくりお茶でもしたかったけれど、バイト後大学へ直行。
友達に、ノートのコピーと、旅行代金を渡すために。
そして、卒業アルバムの、個人写真も撮ってきた。
そつぎょう。
実感、ゼロ。

きっとその一言を待っているのだろう、とわかっていても、そう思えない限り、それを口にできない私。
冷たい人間かもしれない。
本心でなくても、その一言が相手を解放できるのなら、口から出した方がいいのでしょうか。
大人になりきれていなくて、人にも厳しかったり、しています。
率直過ぎるほど率直に、意見を述べることは減ったと思うけれど、その代わりに、言葉を濁したり、逃げたりしていることが多い。
嘘でも、まったく心の中と逆でも、相手の望む言葉を発する方が、優しさなのでしょうか。

2003年7月17日木曜日

満。

けして全てが揃っているわけではなくて、足りないモノは多々あるのに、実は満たされていると感じてる自分に、気付きました。
だから、今、ここにないモノは、必要要素なのではなくて、+αなのでしょう。
渇望ではなく、訪れや出会いを、わくわく待っている感じです。

2003年7月16日水曜日

あたふた。

朝からあたふたしていて、今もなお、あたふた。
煩雑、とか、乱雑、とか、そんな言葉がしっくりきてしまうような、一日。
切羽詰って電話しまくって、メールしまくって、それでも依然まとまらない計画。
ちょっとうきうきの、突然のお誘い。
2つ返事でOKした、強制参加を決められていた旅行。
相変わらず、以心伝心の下手な私。
今日は、世間の“まこと需要度”に異変が起きたようで。
ケイタイの休まる時間が、ありません。
家の電話も、同時のスタンバイ。

あたふたしながらも、水着を取ってきました。
思っていた通りの、モノでした。
うきうきわくわく。
夏がチラチラ見えています。

2003年7月15日火曜日

監獄81号。

今日で、前期の授業終了。
あとは、来週に試験が一つ。

恒例の、学科友のバースデイパーティ in ロックアップ。
みんなでキャーキャー叫びすぎて、喉痛くなって、放心した。
囚人(ウェイター)のお兄さんが、注文をするたびに「あーそれはお薦めできないっすね」とか「何が入ってるんですか?」と聞いても「当てたら教えます」って感じのノリで。
座り込んで、「やっぱり夏は彼女欲しいですよね〜」と、個人的な話までしていました。
私も一度は、バイトでウェイトレスとか経験しておくべきだったかもなぁ、と思った。
やらないけど。

一泊での海旅行を計画して、テンション上がる。
コスプレのプリクラ撮りに行って、テンション上がる。
初夏のはずなのに全然寒い、って文句を言いつつ、熱い夜でした。

2003年7月14日月曜日

してあげる。

昨日から、偏頭痛に襲われていて。
頭の前の、額寄りのところに、血液が集まり過ぎて、血管が膨張してる感じ。
実際はどうなってるのか、わからないけど、そんな感じ。

「〜してあげる」という言葉が、あまり好きではなくて。
たぶん、私がその使い回しに、必要以上の解釈を与えているから。
どうしても、押し付けがましいようなニュアンスを、強く感じとってしまう。
だから極力、というよりは常に、使わない言い回しで話している。
手伝ってあげるよ、ではなく、手伝うよ、と。
貸してあげるよ、ではなく、貸すよ、と。
行ってあげるよ、ではなく、行くよ、と。

けれどやっぱりヒトに求めるときは「〜してくれる?」と言ってしまうのだから、矛盾だらけの私。

2003年7月13日日曜日

夏・間近。

ややや、急に夏モードを垣間見せるお天気。
そんな感じで、昨日、水着を予約(というか、取り寄せになるそうで)してきて、今日、「入荷しました」と電話が。
明日は、レポートを終らせなければいけないとわかっていながらも、新宿へ向かわない自信がないです。
インポートの、ポップな水着。
ウキウキ。
耐えろ、私。
そして、今日は、ジム用の競泳水着、お買い上げ。
スイムキャップも一緒に。
ついに、泳ぐ気満々。

少しずつ、夏休みの予定も決まってきて、なんとなく、今年の概要が見えた感じ。
最後の、長いながーい夏休み。
遠い昔の夏、たくさん私を泣かせた人がいたけれど、その人の年齢に、私がなってしまったわけで。
不思議な感覚がしてしまうのは、きっと、もっとずっと大人だと思っていたから。
その人がよく言っていた「アグレ!」を頭の隅に置いて、去年よりも、今までよりも、一番暑い夏を過ごせますように。

2003年7月11日金曜日

猫。

猫を見かけると、つい、話し掛けてしまう。
怪しい人でしょうか。

私は“ちゃんとした大人”には成れていないので、地下鉄のドアの前に座り込んでいる高校生の、将来を案じることはけしてないのだけれど。
やせっぽっちの、頼りなさ気な後姿が、路地の隙間に隠れるのを見ると、それを景色の一部として通り過ぎることはできなくて。
自転車を止めては、「こんにちわ」と声を掛けてみたり。
キャンパスに住む子と、ランチのサンドイッチを半分こしたり。
ただただ、じっと、見つめあってしまったり。
鍵穴に鍵をガチャガチャと押し込んでドアを開けると、当たり前のように、ぽぽとぷーが「んなぁーんなぁー」と玄関で出迎えてくれる毎日。
そのたび私は、その日、出会った猫たちの姿を、思い出す。
そして、ちょっぴり、胸がきゅーとなるのです。
あの子たちが、おなかをすかせているのも、
雨に濡れているのも、
ケンカをした傷が膿んでしまっているのも、
怪訝な顔と冷たい視線に晒されているのも、
保健所へ電話されているのも。
すべて、「どうしようもないこと」ではないはずだとわかっているのに、同情だとか生温いもので、逃れようとしている私を、突きつけられる。
自分が小さな人間だと、開き直ることで、責任を回避しているような。
ダメな私。

私はただの、身勝手な、猫好きのニンゲンです。

2003年7月8日火曜日

7・7。

今日は、7月7日。
七夕。
ゼミの日。
卒論の話し合いの日。
まつげパーマを初めてかけた日。
お母さんと、お姉ちゃんの誕生日。
おめでと。

某有名製菓メーカーに内定した友達に頼んで、ケーキを焼いてもらいました。

2層のチーズケーキのフルーツタルト。
感激して、興奮するほど、おいしかった。
ありがと。
来年から、店頭で会えることを、楽しみにしておこう。

七夕のお願いは。
雨だから、しないでおきます。

2003年7月7日月曜日

銀座。

��1時過ぎから、黙々と卒論の資料を訳していたのだけれど。
1時過ぎ、ついに限界がチラチラと見えてきて、我慢できず、ピーチツリーを豆乳で割って。
ほろ酔いになりながら、うだうだと今までやってました。
寝なきゃ。

用事があって、友達と銀座へ。
セール期間の、日曜日。
人・人・人・人。
買おうかどうしようか、ずっと迷っていたジル・スチュアートのトップス。
友達の「買っちゃえ!」の一言で、お買い上げ。(え。)
一体、どれだけ服を買えば、落ち着くのでしょう。
去年、ノリで買った服たちは、出されることも、ないままに。

寝なきゃ。

2003年7月4日金曜日

更新。

はい。
やっと、地味に、アップしてみました。
新作ベア。
でも、今回は私が写真を撮ってしまったので、かなりイケてない…。
次回はちゃんとカメラマン氏にたのもう、と改めて思う次第であります。

最高気温、31℃。
体感温度は、少し下のような気がしたけれど、それは、記憶の中の去年の夏が、暑すぎたせいかもしれなくて。
カイロで、顔をごりごりとやられ、顎も頬骨も、ぐいぐいと押され。
終わってから、ビームスやパルコをぷらぷらしていたのだけど。
突然思い立って、ピアスを左右に1個ずつ、開けてきました。
これで、トータル3個。
こんな風に、思い立ったら即行動、な私のことは、けっこう気に入ってたりする。

以前閉じてしまった右耳の穴は、依然しこりのままだけど。
業務的な質問をいくつかされて、あっけなく開いた。
何を、躊躇っていたのだったかしら。
ズキズキもしないし、血も出ないし、腫れもしない。
数年前、初めて開けたときは、嬉しくて、気になって、ついつい触れすぎてしまって、両耳とも膿んだ。
感動の範囲が成長していることを、実感。

ジーンズ。

ジーンズが大好きで、週の半分以上は穿いている。
お気に入りは、セブンやジューシーとかの、アメリカンブランド。
微妙に色が違ったり、形が違ったりするだけで、ついつい欲しくなってしまって。
買っても買っても、止まらない。
と、いうわけで。
昨日一目惚れした(しかも奇跡的にもサイズがあった!)、ディーゼルの裾直しができたので、引き取りに行ってきました。
相変わらず、戦場のような、新宿伊勢丹。
気付いたら、セール開始の1日から、毎日通ってしまっている私・・・。
そしてたぶん、明日も行ってしまうような気がしてる。

閉店の8時半までいて、地元に着いたら、土砂降り。
駅のコンビニで傘を買って、サンダルの足元がぐちゃぐちゃするのに顔をしかめながら。
あ、もう7月なんだと突然思って、この半年が思い起こされました。
ヒトを傷つけたことを、すっかり忘れていた自分が、そこに。
外を吹く風に振り回されているような錯覚だったけれど、実は、とことん自己中心的に生きていたようで。
なぁーんだ。

2003年7月3日木曜日

通常モード。

毎日飲みつづけたザクロ・エキス。
1瓶終った。

女性ホルモンは、いかに。

就活モードのままだった髪を、通常モードにチェンジ。
前回、内定をもらう直前に黒くしちゃったために、なかなか元には戻せなくて。
パーマ→カラーリング→ついでに眉毛もカラーリング。
計4時間。(長い…)
すっかり見た目も、頭も、気分も軽くなって。
夏に挑む準備が整いました。

感じたことを、上手に整理できる人が羨ましい。
思ったことを、上手に伝えられる人が羨ましい。
私は今日も片言で、整理できていないことを、行き止まりにぶつかりながら、同じ道を繰り返しながら、話してる。
片付いたはずの引き出しを、毎晩、ぐちゃぐちゃにひっかき回して、朝を迎える日々でした。
朝日が恨めしいくらい、憔悴しきった頭で、呆然としていた。

最終形だと思っていた迷路に、新しい抜け道を書き加えてくれて、ありがと。
これから夏が始まるのだから、思いっきり楽しまないとだね。
“ハイテンション”の称号は、死守します。