2003年7月18日金曜日

本音と建前。

内定もらった友達が、久々にバイトに登場。
嬉しくって。
楽しくって。
昼休みと、休憩だけでは話しきれないくらい。
ゆっくりお茶でもしたかったけれど、バイト後大学へ直行。
友達に、ノートのコピーと、旅行代金を渡すために。
そして、卒業アルバムの、個人写真も撮ってきた。
そつぎょう。
実感、ゼロ。

きっとその一言を待っているのだろう、とわかっていても、そう思えない限り、それを口にできない私。
冷たい人間かもしれない。
本心でなくても、その一言が相手を解放できるのなら、口から出した方がいいのでしょうか。
大人になりきれていなくて、人にも厳しかったり、しています。
率直過ぎるほど率直に、意見を述べることは減ったと思うけれど、その代わりに、言葉を濁したり、逃げたりしていることが多い。
嘘でも、まったく心の中と逆でも、相手の望む言葉を発する方が、優しさなのでしょうか。