2003年7月7日月曜日

銀座。

��1時過ぎから、黙々と卒論の資料を訳していたのだけれど。
1時過ぎ、ついに限界がチラチラと見えてきて、我慢できず、ピーチツリーを豆乳で割って。
ほろ酔いになりながら、うだうだと今までやってました。
寝なきゃ。

用事があって、友達と銀座へ。
セール期間の、日曜日。
人・人・人・人。
買おうかどうしようか、ずっと迷っていたジル・スチュアートのトップス。
友達の「買っちゃえ!」の一言で、お買い上げ。(え。)
一体、どれだけ服を買えば、落ち着くのでしょう。
去年、ノリで買った服たちは、出されることも、ないままに。

寝なきゃ。