2003年8月30日土曜日

星。

バイト後、餃子を食べる約束をしていた友達と、焼き鳥食べに行きました。
おかげで、全身炭臭くなって、大変なことに。
焼き鳥で一番好きなのは、軟骨。
盛り合わせの他にも、追加で頼んだくらい。
砂肝も、好き。
タン塩も。

地元の駅についてから、久々にはいたペタンコのサンダルの感触を楽しみながら、歩いて帰ってくる途中。
空に、一つだけ、イエローゴールドの星が出ていました。
火星かなぁ、と思いつつ、上を見上げながら歩いた。
6万年の中の一年に、生きていて良かった。と思いながら、メールを。
「星を見て」とメールしたいと思った夜に、幸運にも充電マークは1つだけ残っていて。(最近私のケイタイの充電は1日もたない)
家に着くまで、火星(だと思う星)を見ながら、今まで見たいろんな星空を思い起こしていた。
2年前の夏に見た、北海道の北斗七星。
3年前の夏に見た、深夜2時のルーフ越しの山中湖上の星。
10年前の夏に見た、アイルランドの流星群。
記憶の中で、星空は色褪せないようです。

惰性で生きているわけではないと思いながらも、どこか意思とは違う行動をとっていたり、とっていなかったり。
何かを埋め合わせるために、呼吸をするわけではないのに。