2003年8月25日月曜日

首を突っ込む。

他人が口を挟むべきでないこと、の領域はちゃんと認識しているつもりだけれど。
それでも、感情に流されていないことを確認してから、ケイタイ握り締めて、発信してた。
客観性を欠いた人には、正当性を説くのではなく、その人の代わりに、客観的な視点で見つめるしかないのでしょう。
自分の世界を死守する人には、それと同じだけ、あなたの隣の人にも世界があるんだよ、ってことを知らせるしかないのでしょう。
バリケードを突き破って、踏み荒らしてみました。
笑って流したり、途中で投げ出す方が、お人好しに見えるかもしれないけれど。

みんな、ただ、幸せになりたいだけなのに。