2003年8月6日水曜日

プール。

睡眠3時間にもめげず、プールへ行ってきました。
暑い、暑い、と着替える前からだらだら汗を流して、念入りに日焼け止めを塗って。
流れるプールに流されながら、夏を感じていたのだけれど、突然の豪雨。
既に濡れているけれど、それでも耐えられないくらい。
雨宿りして、お昼を食べて。
再び、雲が割れて、太陽カムバック、けれど再び、豪雨。
雷警報発令。
アトラクションは、全て運行停止。

着替えてからもすごい雨で。
警報を告げるアナウンスがひっきりなしに流れて、最終的には、スタッフさんたちが、お客さんたちを室内に避難させているような状況。
そんな中、避難していたゲーセンが、雷で停電。
びっくりでした。
滝のような雨が窓を打つ音だけが、響いていて。
閉じ込められてしまったような、恐いのだけれど、ちょっぴりわくわくするような。
夏だからでしょうか。
雷は恐かったけれど。

災難、といえば災難だったけれど、思い出深い1日になったことは、まちがいない。