2003年9月4日木曜日

腹痛。

お腹の痛みをどうにかしようと、お医者さんへ行きました。
そこの内科の先生は、就活の最中、面接当日に「声が出ないんです!」と泣きついた先生で。
弱った身体に優しさが染みて、つい涙腺が緩んでしまいそうになる。
「あーあの声が出なくなった・・・よく覚えてるよ、どうだった?面接は」
おかげさまでその会社から内定頂きました、と報告できただけでも、今日まで腹痛に苦しんでいた意味があると思えてしまった。
食前に飲む錠剤2錠。
食後に飲む粉薬1袋と、カプセル1個。
1週間分もらって、それだけで、すっかり安心しきってました。

ついつい小さな見栄をはって、お互い強がって、小さな、ほんとに小さいけれど、ぽっかりしたモノを感じました。
そして、それまで自分では頑張っていると思っていた行動が、実は本能的な欲求だったことを自覚。
自分への、虚勢でした。