2003年11月8日土曜日

OFF。

夜まで、ケイタイの電源を切って過ごした。
拒絶しているわけではなく、何も期待しなくていい環境、というのを望む時もあるのです。
無意識のうちの期待、も含めて。

進みたい気持ちと、退行したい気持ちが共存していて、目に見えない葛藤を繰り広げていて。
それは、端から見ると、甘え以外の何モノでもないようです。