2004年1月27日火曜日

穴。

今、とても清々しい気持です。

アルコールの所為にして、ほんとは冷静に考えた頭があったのだけれど、でもそうでないことにして、思い切った行動に出た。
なんて愚かなことを、と思うと同時に、自分の行き当たりバッタリな性格を、それでも良いと思った。
時間をかけて、順序だてて、震えていた手も治まって、笑っている自分がいて。
何か、すぱーんと、突き抜けた感じ。

過去の、ようやくぴったりの蓋を見つけて閉じた穴を、自分で再び開いて、覗いた。
底に蹲って、泣いていた穴。
避けようとするたびに、落ちていた穴。
穴の中は真っ暗で、世界全部が真っ暗だと、思わせた穴。
けれど、勇気を出して覗いてみたら、知らない間に私も成長していたらしく、もう、落ちることのない穴になっていた。
蓋をするのではなく、ちゃんと埋めることができた。

今、たった今、ちょっぴり泣いているのは、悲しいからではなくて、自分を称える涙。
真っ直ぐ前を見る力を、また一つ、身につけました。