2004年2月21日土曜日

発情期。

身体がどうも思うように操作出来ずに、気持まで沈んでしまいそうです。
こんなに天気が良かったのに、一歩も外に出なかった。

発情期のオス猫が、毎晩庭で鳴いている。

なーお なーお
んなあー

ぽぽとぷーは、眠りから舞い戻って、背筋を伸ばして(でも猫背だけども)、じっと耳をそばだてています。
愛だとか、恋だとか、そんなことも考えずに過ごしていたけれど、すごく久し振りに、会いたいヒトを思いつきました。
愛だとか、恋だとかとは、別に。