2004年2月23日月曜日

猛然。

今まで、何かにとり憑かれたように、猛然と、ベアを産んでいました。
作業が途中のビッグなベアの材料がなくなってしまったので、とりあえずFAXで注文して、新たなベアに取り掛かり。
そうそう、モヘアを見て「かわいい?」と言うのは、端から見れば異様な光景かもしれないけれど。
捕れたての魚を見て「おいしそう」って言うのと、似てる感覚です。
刺身になった姿を、先に想像している状態。

生活の乱れは相変わらずで、というか、体内のリズムが狂いっぱなし。
二日に一晩しか、眠れてない。
お風呂で朝を迎えることも依然とあり、朝焼けを見ながら散歩したり、誰もいない公園でブランコに乗ったり。
未来が見えないと不安になるけれど くっきり見えると怖くなる、なんて言葉を見つけて、ゆらりと揺れたりしています。