2004年2月4日水曜日

ベルばら。

後輩に、ダメ出しされてみたり。
帰り道に、ちょっぴりウフフなメールを、不意打ちで受信したり。

帰宅してから、『ベルサイユのばら』を読み始めた。
略して『ベルばら』
中学生の頃、一度読んだことはあるけれど。
今さっき、お風呂の中で、黒い騎士をおびき寄せたところまで読んだ。
途中、ぷーちゃんが浴室を覗いたり、ちょっと入ってきて、バスタブの縁に座ったり。
2時間半の入浴を終えて、浴室を出ると、私のパジャマの上で、丸くなって眠ってた。
愛おしすぎて、たまりません。
忠犬ハチのような従順さは好きではないけれど、ぷーの強気な甘え方は大好きです。
これをみんなに理解してもらえないけれど、こうゆう感情って、なんか、ね、アレと似てる、ね、アレと。

止められないので、これからベッドで続きを読みます。