2004年3月30日火曜日

荷造り。

教習の予約をしていたと思い込んでいて、行ってみたら、予約していなかったみたい。
あれ?
しかも、前回のキャンセル料を払おうと思ったら、「キャンセルしてませんよ」と。
あれれ?

ということで、なんだかんだと、お店をハシゴして、研修合宿への準備を整えました。
色々大変。
ストッキングの銘柄と、色まで指定されているくらいだから。
荷物は宅急便でホテルへ送るのだけれど、色々詰めた上に、帰りに制服が増えることを考慮して、かなり大きなスーツケースに。
私を励ましてくれる存在として、ちゃんとベアも持ちました。

2004年3月29日月曜日

卒業。

昨日、無事、卒業しました。
謝恩会の終わりに、福岡へ旅立つ友達を見送りに、東京駅へ。
今回の卒業では、泣かないだろうと思っていたのに、不覚にも、地下鉄の中で、涙がポロポロ出てきてしまって。
思い返してしまうことと、もう二度と会えないヒトと軽い別れをしてしまったことへの後悔と。
なかなか止まぬ涙に、旅立つ友への寂しさの涙が重なって、ぐちょぐちょに。

大学4年間。

一言では語り尽くせないほど、たくさんの出来事があって。
最初の頃は、恐ろしく遠いキャンパスと、人間関係に疲れたりもしたけれど。
でも。
ほんとうに、この大学で、この学科で、良かったなぁ、と思う。
思い出は、山盛り、たくさん。
出会えたヒトたちと、経験した感情と、成長した自分と。
残るモノたちに、感謝したいです。
ありがとう。

2004年3月27日土曜日

同窓会。

昨日は、小学校の同窓会で、今朝帰ってきました。
私の母校は、ロンドンにある。
なので、幹事をかってでたものの、連絡をとることさえ困難で。
もう一人の幹事の男の子と、人伝てで連絡先を聞き出して、なんとか集めることができて。
10年ぶりに集ったのだけれど、先生も喜んでくれて、大成功。
楽しかった。

そう。そこで。
私が初恋と定めている相手と、再会。
まったく変わってなくて、良かった。
変なギャル男になっていたら、どうしようかと思っていたけれど。
私、昔はかなり情熱的な恋愛傾向にあったようです。

2004年3月25日木曜日

送別会。

勤務地が福岡に決まった友達の、送別会でした。
思えば彼とは1・2年のクラスも、3・4年のゼミも一緒で。
4年間を、共にした。
同業他社なのだけど、お互い、がんばろ。
みんな、がんばろ。

卒業式まで、あと3日。
茶色だった髪も、黒モード。

2004年3月24日水曜日

ビデオ編集。

旅行のデジカメ画像と、動画。
友達からも送ってもらって、編集してました。
間に文字を入れたり、切り替えを工夫したり、BGMを選曲したり。
楽し〜。
夢中で作業していたら、20分ちょいの大作に。
後は、みんなからのコメントを、最後に入れるだけ。
サイパンのイメージビデオとして、売り出せそう。
誰が買うのか、知らないけれど。
みんなの反応が楽しみ。

実は、昨日も徹夜で作業してて、寝過ごして教習行けなかった…。
キャンセル料、明日払ってきます。

2004年3月23日火曜日

祝☆

仮免取得。
というわけで、先月から教習所へ通い始め、昨日受けた試験の結果が今日出ました。

実は、一度、仮免試験に落ちた。

サイパンから戻った翌日に受けて、頭がサイパンモードのままで、ついうっかり、右側通行・・・。
「あれ?」と気付いたときには、時既に遅し。
友達には「何それ、ギャグ?」と突っ込まれ。
凹んでました。
そりゃあ、凹むさ。

そんな事態は想定していなかったので、予定が全部狂ってしまいました。
なんとか頑張ります。
とりあえず、明日、8時半から技能です。

2004年3月21日日曜日

秘密の日々。

美容院へ行って、
お買物して、
ヤロウ5人+私で、お食事。
卒業決定おめでとう、と
大学院への進学おめでとう、と
留学の送別、と
地方赴任の送別、の会。

こうやって、日々徒然に綴っているけれど、これが私の生活の全てでは、もちろんない。
ヒトと会っても、それを書く日もあれば、書かない日もあるわけで。
赤裸々なようでいて、たぶん、秘密主義者なのかもしれません。

2004年3月20日土曜日

ココが現実。

一気に現実に引き戻されて、うまく順応できなかった。
その事実に、凹んだり。
最終的には、ネタにして、笑ってしまおう。

朝から一日出かけていたので、部屋にまだ、スーツケースが置きっぱなし。
ほのかに、海のにおいがしています。

2004年3月19日金曜日

LOVE SAIPAN!

ただいま。
無事、戻ってまいりました。

サイパン旅行、びっくりするくらい、楽し過ぎた。

↑浮かれついでに、私。

海は興奮せずにはいられないほど綺麗だし、
(どこまでも青!透明!)

バナナボート乗ったし、
(一番後ろだったから、かなり怖かった)

マニャガハ島でシュノーケリングしたし、
(泳げない私は、おぼれかけた)

パラセイリングで人生観が変わったし、
(水面から40mほど飛んだ。全然怖くなかった)

トラックの荷台に乗って風を受けながら走ったし、
(最高に気持ちよかった)

海の中のコートでビーチバレーもしたし、
(サーブを打つだけでしぶきが目に入って痛い)

カヌーにも乗ったし、
(流されて大変なことに)

チャモロ族のダンスショーも見たし、
(女の人たちは驚くほどかわいくて、男の人たちは興奮するほどワイルド)

ホテルの庭(?)で、生演奏に合わせて、狂うほど踊ったし、
(最後は入り乱れて、顔は真っ赤、汗、汗、汗)

DFSでは小走りで買いまくったし、
(8人の中で一番浪費)

帰りの飛行機はエグゼクティブクラスだし。

8人旅行って、すごく多いと思うけれど。
協調性がなくて、マイペースな人間の集まりで。
でも、すごくまとまりのある、旅でした。
最後まで、いつも通りの関係。

素敵。

どこへ行ってもハイテンションで、うるさい団体だったけれど、だからこそ、最高に楽しい4日間。
成田からの帰り道、しんみりしてしまったけれど、それは突然の独りに対する動揺。
素敵な友達に出会えた、大学生活でした。

2004年3月14日日曜日

旅立ち。

パソコンの調子が悪いので、お父さんのノートパソからの更新です。
何か欠陥があるに、違いない。

とゆうわけで、明日から卒業旅行に行ってきます。
サイパン。
初・南の島。
女8人。
人数が人数なので、4日後には帰宅。
まぁね、これでも予定がまとまっただけ、かなり奇跡に近いので、思う存分楽しんできます。
日焼け止めと、ビタミンCは、ちゃんと持ちました。

プロ。

くたくた、と
へとへと、を
足して2で割ったような状態。
つまりは、なんだか心身共に、余裕がない。

今日は法事で、お寺へ行ったのだけど。
住職が、お経を噛むわ、間違えるわ、つまるわで。
お経の後の話は、支離滅裂な上に、要点が見えず、中途半端に終了。
苛々。
プロ意識を持たずに仕事をするヒトを、認められるほど私は大人ではないってことでしょうか。
認めるというより、それは呆れて、諦めて、割り切ることなのかもしれないけれど。

2004年3月12日金曜日

Ca.

強風に、負けた。
何度直しても、前髪ぐちょぐちょ。

些細なことで、苛立ってしまう自分が嫌。
作為的に、妨害されているような錯覚さえ覚えてしまう自分が情けない。
カルシウム不足?
短期的に見ても、長期的に見ても、愕然とするくらい時間が足りないけれど、それはもう仕方がないことなので、おおらかに過ごしたいです。
動作は、機敏に。

2004年3月11日木曜日

ストレッチ。

長い、一日。
忙しい、一日。
けれど、普通の一日。
普通だけれど、通常じゃない。

ストレッチをするのが好きで、ジムへ行っても、念入りにストレッチをしている。
特に好きなのは、頭上で片肘を曲げて、もう片方の手でその肘を持って、腕の筋肉を伸ばすやつ。
あと、片膝を曲げて、もう片方の脚にクロスさせて、反対側の腕で押さえて、太ももの筋肉を伸ばすやつ。
けれど股関節は硬くて、開脚は90度くらいしか開かない。
痛いから、開脚は、しない。
側体を伸ばすのも、痛いから、しない。
好き勝手な、ストレッチ。
痛みにも、色々あって、許せるモノも、許せないモノも、求めてしまうモノも。

2004年3月10日水曜日

奔走。

今日の月、見た?
東の低い空に、ぽってりと浮んでいて、思わず「あっ」と声を出してしまったくらい、重たげに尊く光ってた。

朝から夜まで、ほんとうに丸一日、忙しいという状況から解放されません。
忙しいというか、予定がフルというか。
部屋の真中に置かれている、ベア材料のダンボール3箱を、どうにかしたいと思いつつ、時間だけが過ぎていきます。

2004年3月9日火曜日

30年後。

今日、食べていくために仕事をするタイプではない、と言われた。
30歳近く年上のヒトに。

今日、地位とか名声とかよりも好きだと思うことしかやらないタイプ、とも言われた。
そのヒトが知っている私なんて、ほんの一部だと、心の中で反発した。

年の離れた方から見ると、私って、どうも同世代から、浮いて見えるらしい。
かわいらしくないってことか。
両方とも、上手く笑えずに、「そう見えますか?」と、苦笑いで返した。
私は30年後も、食べていくためだけに、地位や名声のためだけに、好きでもないことをやるような人間には、ならないでおこう。

2004年3月8日月曜日

時間不足。

ついこないだまでの、ゆるりとした時間を過ごしていたことが嘘のように、ここ最近、発狂しそうなほど、忙しい。
幹事を3つも引き受けていたり、なんだかんだ。
それでも睡眠削ってベア作ったり、2時間入浴したり。
朝はちゃんと、7時25分からの、ラジオのフランス語講座を、ベッドの中で聴いてから、起床。
ちなみに、フランス語講座の先生は、去年「フランス語作文」の授業を教わっていた先生で、けっこう好きだった。
生徒に媚びないというか、感情を出さずに淡々としていたところが。
やるべきこと、教えるべきことが、過不足ない先生でした。

ということで、時間もないし、お金もないしで、美容院にさえ行けてない。
今月中に行けるのかさえ、危ういです。

2004年3月6日土曜日

誕生。

��時近くに帰宅して、食事して、それから、一人、産みました。
1週間に1体のペース。

かーわーいーいー。

実は、昨日仮目から、グラスアイに付け替えていたのだけど、一日経って見ると、なんだか、ちょっと、違う。
と思い、再び仮目と1時間くらい錯誤して、0時前に完成。
ちなみに仮目とは、ベアの顔を作る際に、目の位置を決める為の物で、マチ針の○の部分が目になっている物です。
あぁ、説明下手。

色々考えていることはあるのだけれど、私のベアの誕生過程、とゆうか、品質保証のような意味をこめて、メイキングのページを作ろうかと。
ありきたりかもしれないけれど、独学でここまできてしまったタイプだし、ベアの作り方に正解も間違いもないと思うので。
まったく興味のないヒトに、見て欲しいです。

2004年3月5日金曜日

焦る。

「どうゆう時に焦る?」
と聞かれて、即答できなかったのだけど、そういえば、今日、焦ったのでした。

3時半から、という予定だと思っていて、最終確認しておこう、と手帳を開いたのが、12時半過ぎ。
『6日:13:30〜』
え?!もしかして私、13時と3時を勘違いしてた?
と、焦って焦って、ノーメイクで家を出ようか、やっぱりファンデだけでも…とあたふたして。
あたふたしながら、ふと気付く。
今日って、6日じゃないのでは・・・。

4日でした。
「どうゆう時に焦るか」ということよりも、「どれだけボケボケか」という話。

2004年3月3日水曜日

凛。

素敵な、すごく素敵な、ライヴへ。

穴や隙間はないけれど、乾燥気味の心に、じゅわじゅわと浸透する音でした。
満たされて、ずしりと重いくらい。
視線の角度が思いっきり上がって、帰り道は、空ばかり眺めながら。

おぼろ月。

凛とした気持になりました。

2004年3月2日火曜日

ボッチボール。

心のささくれに、一言が沁みた。

思った以上に痛くて、酷くて、しばらくめそめそした。
ねちねちと愚痴を言いながら、尚もめそめそ。
めそめそしたまま外に出たら、雪で。
髪にも、顔にも、コートにも、吹き付けてきて。
いやってほど冷やされて、心、静まってみる。
ささくれには、クリームを。

今宵は、大好きなアマレットのカクテルの名前を、一つ覚えました。
1杯目は、やっぱりレッドアイだったけれど。

2004年3月1日月曜日

今、心、

 ささくれ中。
言葉で残すと、治りが悪くなりそうだから、そぉっと、そぉっと。
ささいなことで沁みないように、無理に引っ張ったりは、しない。