2004年5月25日火曜日

逃亡願望。

久々に、パソコンに触っています。
と書けば、どれだけ今までの、学生時代の生活と、大きく変わってしまったかが、わかるでしょうか?

今日はオフで、久し振りに、母親とショッピングに新宿へ。
同期の友達が働いてるカウンターに、ちょっぴり寄ってみたり。
働いている姿を見て、頑張ろう、と気持を改に。

自分で描いた未来に、今、確かに身を置いているはずなのに、こんなはずじゃなかった、と思ってしまうのは何故でしょうか。
自分が望んだことで、自分で決めたことで、それは輝かしくも見えていたのに、何故だかとても、逃げ出したくなる。
弱いと言ってしまえばそれまでだけれど、弱さ故に逃げることさえできません。