2004年6月28日月曜日

.

気のきいた台詞の一つも言えない。
自分の不甲斐なさが、際立ってしまって、どうしようもないです。

他人の悲しみに対して、わかるよ、と言えることは限られていて、
そんなことを口にするほど愚かにはなれないし、
でも、それでもわかりたいという気持ちは、どんな言葉で伝えられるのでしょうか。

日々が、砕けるように過ぎていきます。