2004年6月1日火曜日

言い訳。

昨日、オフで、一人で渋谷をぷらぷらしていて。
友達が働いているショップに行ったり。
その途中、電話をかけてきてくれた相手に「疲れた」を、連呼してしまった。
ずっと、疲れたを言い訳にしない、ということをモットーとゆうか、テーマにして生きようとしていたはずなのに。
ごめんね、そうとうやられてた。

追われるように日々を過ごしてる。
何に追われているのかさえ、わからずに。
自分の使えなさに、腹が立つ。
人並みに、平均的に、生きてきたつもりでいたけれど。
実は私、どうしようもなく、落ちこぼれているのかも。