2004年7月16日金曜日

ぷー。

今、ぷーが、私の傍らで、一生懸命からだ舐めてる。
きっと、習慣的なことなので、彼女にとっては一生懸命行っているのではないのだろうけど、何故かそう見えてしまう。
何をやるにも、ぷーたんは全力投球。
それが災いして、たまに周囲に怒られるけど、へこんだりはせず、ちょっぴりふてくされた顔をして、すぐにけろっと忘れる。

ぷーは、そんな猫。
愛しすぎて、たまりません。