2005年2月2日水曜日

手袋。

百貨店の手袋売り場で、手袋を探していたのだけれど。
どうやら私は手袋というアイテムが、好きではないみたい。
どんな形でも、どんな素材でも、どんな色でも、手にはめてみるとしっくりこない。
というか、変に見える。
私の手に、手袋は似合わないようで。
結局、今まで使っていたものと、そっくりな物に決めました。

体裁とか関係なく、言い訳だとかせず、率直すぎるほど真っ直ぐに、感じたままに感情を傾けられたらと思うけれど、もうそんなに若くはいられないのかもしれない。