2005年3月9日水曜日

期待。

「今の俺はお前がいないと何もできない」

と、先日、友に言われました。
余分な感情だとか、裏に隠された真意だとか。
そんなものは何一つなく、そのままの意味。
普段、ヒトに必要とされることに慣れていないというか、ふわふわと、好き勝手にたゆたっている私にとって、新鮮な空気を吹き込んだ台詞でした。

期待されることが苦手、だと思っていた。
実際得意ではないし、潰されそうになってしまったり、しているけれど。
応えようという前向きさが、悲観的な私には必要なのかもしれない。

よし、私に任せておいて。