2005年7月27日水曜日

台風一過。

台風、どうなってるのでしょう?

地下鉄の中に、各大学のオープンキャンパスの広告が目立つ季節。
その中に「君は何にでもなれる」みたいなキャッチコピーのものがある。
使われている写真が何種類かあって、柔道着姿の女の子とか、バンドマンとか、チアリーダーとか。
見るたびに、思う。
確かに私は何にでもなれたはずだけれど、柔道をやることも、バンドを組むことも、チアリーダーになることも選ばなかった。
無限に選択肢があると言われても、選びたいと思う選択肢は限られている。
じゃあ、なんで、私は今の自分を選んだのだろう、と思う。
他の選択肢を全部切り捨てて。
今、在る物の中から価値を見出すことと、在る物以外に価値を探しに出るのと、どちらが賢明なのかしら。