2005年8月31日水曜日

ぐちゃぐちゃ。

あーもう。
やになっちゃう。

いつもいつも、悔しくなってしまう関わり方しかできないのは、
精一杯の自己防衛が働いているから。
それをちゃんと頭では理解していて、
解っているから理解できなくて、
疲れ果てて自嘲気味なのだけれども、
理解すればするほどに色濃く結論へと向かう。

もう、何を言っているのだか、自分でも、わからないわ。

寄りかからずに独りで立とうとしているのに、
思考が依存し始めている。
寄りかかったときの安心感が、まだ。

2005年8月30日火曜日

グラッパ。

昨日、ついにグラッパを飲みに行ってきた。
バーへ。
琥珀色のとろっとした液体で、甘そう。
と思ったけれど、一緒にチェイサーが出てきたので、用心して口にすると、
カー!!!
強いです。テキーラみたい。
鼻の奥まで熱くなりました。
見た目に惑わされてはいけない。

最近、選ぶお酒が変わった。
先日は、焼酎ばかり、延々と飲んだ。
北海道産の、トマトの焼酎。
おいしくて、ついつい何杯もおかわりした。

酔った勢い、を嫌悪していて、軽蔑していたけれど、
酔った勢いでしか何もできない臆病な私。
大人になるって、こうゆうことなのかもしれない。
傷つくのが、怖いんだ。

2005年8月27日土曜日

とき。

なるようになれ、と思っていたけれど、
引っかかっていたのは私だけで、
みんな進むスピードが速くて、
私だけ取り残されていたみたい。
なーんだ。

罪悪感だとか、後ろめたさだとかから開放されて、
少しの間、呆然としました。

罪悪感だとか、後ろめたさを理由に排除していたものが選択肢として新たに加わって、
それからずっと、呆然としています。

考えるときがきたら、考えよう。
まだ、そのときはきていないはず。

2005年8月26日金曜日

映画。

昨日、フランソワ・オゾン監督の最新作、
『ふたりの5つの分かれ路』を観ました。
これぞフランス映画、とでも言いましょうか。
フランス映画が好き、という人でないと好き嫌いが分かれるかも。
主人公の裸体が、二の腕もたぷたぷしてて、全体にソバカスがいっぱいあって、胸もちょっと垂れて離れてて、ヘアもナチュラルなままで、いかにもな女優の裸体じゃないところが、リアルで良かった。
ただ「どうだった?」と聞く母には、『マザーテレサ』をお勧めしておいたけれど。

フランス映画独特の「淡々とした感じ」は尾を引いて、
自分でも気付かないうちに、気持ちが翻弄されていた。

2005年8月23日火曜日

時の流れに身を任せ。

今日も一日が終わっていきます。

何も進まないままに時間だけが過ぎていくと、
結局は、遠ざかっているのと同じだ。

消えていくのと、同じだ。

セミ。

良い子のふりも、優等生のふりも、真面目なふりも、
全部全部、やーめた
って、言えたらいいのに。
だって私、良い子でも、優等生でも、真面目でもないんだもの。
それに託けて、言い訳ばかりしてる卑怯者。
「あいのり」のタカノの強引さとポジティブさが、見習いたくないけれどちょっと羨ましい。
なりふり構わず、な姿を、自分では実感していないところとか。

薄いオレンジ色の街灯に照らされた街路樹の中で、
たくさんのセミたちが鳴いていた。
イヤホンで聴いていた、音数の少ないTracy Chapmanをかき消してしまうくらいに。
夏の終わりが近いことを、感じました。
ずるずると留まろうとする体と、
制御不可能になりつつある理性と、
冷静な心。

普通の、毎日です。

2005年8月22日月曜日

強風。

窓の外、風が、強い。
眠らなければいけないときほど、思い起こしてしまう。

幻が、流されていく。
流されて欲しいと、願う。
切に。

チェンジ。

今、明日の月1の胃の痛い恒例行事、トレーニングの準備をしながら、何気なくクリスタル・ケイとか聴いていて。
『Boyfriend-part ?-』

だって あなたは 最初の Boyfriend〜♪

…そんな素敵な心境に、人間なれるものなのでしょうか。
先日お店から撤退する前日に、隣のメーカーの先輩と2人で、お昼に近くの洋食屋さんに行った。
それで、色々話しているうちに、なんだかすごくその先輩と私が似ていることが発覚。
考え方とか、行動とか。
「わかります〜!!!」を連呼した。
その中で「別れた人と友達になんてなれないよねぇ」と語っていたことを、今、ふと思い出しました、クリスタル・ケイを聴いて。

けれども先輩が32歳で、独身で、彼氏もいない、という事実を冷静に考えると、
先輩が超キレイで、性格も抜群に良い、ということを踏まえた上で、
私はシフトチェンジが必要なのでは、とか。
とりあえず、甘え方とか覚えてみようかしら。

2005年8月19日金曜日

白猫。


いつも通る路地にある小料理屋さんの前に、
いつも白いノラ猫がいて、いつも会う。
もうかなりの老猫で、毛はバサバサで、目は真っ赤で、結膜炎で(たぶん)目から鼻筋にかけてピンク色に目やにが固まっている。
入口の前で毛づくろいしていたり、する。
いつも必ず目が合うので、挨拶を交わしている。

昨日、お店の先輩から「マコトちゃん、これ、面白いからあげる」と、カウンターの奥深くに眠っていた本をもらった。
退行催眠療法の記録、のノンフィクション。
昨日お風呂で読み始めたら本当に興味深くて、
ハードカバーで重いにも関わらず、今日も通勤中や休憩中に読み進めて、今、ちょうど半分くらい。
その中に「現世で関わっているヒトたちは、過去生でも関わっていた」という内容があって。
知識としては、耳にしたことがあるような内容だけれど。
それで、なんだか、その白猫とも、きっと私は過去生で会っていたんだ、と思いました。
当たり前のこととして。
そんなことを思って、帰り道、足を止めると、寄ってきた。
すりよって甘えるでもなく、餌をねだるでもなく。

車に気を付けてね、と言って別れました。

今、hedwigのorigin of love を、リピートして聴いています。
さみしい2本脚の生き物の、私。

2005年8月18日木曜日

最終日。

色々なことがあった10ヶ月半でした。
一言では、とても言い尽くせない。

去年の10月から入店していたお店の改装に伴って、
化粧品数メーカーが撤退することになり、
今日が、その最終日でした。
片付けやらなんやらで、この数日間は死ぬほど忙しかったけれど。
髪は乱れるし、お化粧は崩れるし、汗は止まらないし。

それで、今日の午前中、一番乗りで、ずーっと長年愛用してくださっている会員様がいらして。
先週も、いらしてくれたのだけれど。
わざわざ「みんなで食べて」ってお菓子まで持ってきてくれて。
寂しくなるわねぇ、でもまた会えるわよねぇ、と30分ほど繰り返して帰られるときに。
「あなたも身体に気をつけて頑張るのよ、ありがとね」
と肩を叩かれた。
お肌つるつるの小顔で、ステキな笑顔で、背筋がしゃんとして、いつも日傘を抱えていて、小学生のひ孫がいる、75歳のおばあちゃまに。
思わず、涙腺が緩みかけました。

ほんとに色々な経験をして、色々な出逢いがあって、
おうちのような居心地の良さで、大好きなお店でした。
恵まれた空間でした。

2005年8月15日月曜日

口にする。

入浴中も部屋のクーラーをつけたままで、今、部屋へ戻ってきたら、涼しくて良いです。
ベッドの真中で眠るポポと、出窓の多肉植物の陰に隠れて眠るプーのためだったのだけれど。
これだけ毛に覆われているのだから、私以上に暑がりなはずの2匹です。

お仕事後、終電まで同期の友達の家でまったりしていて。
口にしなかったようなことを、口にしてみたら、
なんだかすごく、そんな気分になってきました。
自己暗示??
心と、欲、について。
口にしなかったのは、軽蔑される恐れがあったからだけれど、
口にしてみたら、案外正常な気分になっています。

2005年8月14日日曜日

オシロイバナ。

帰り道、雨がぽつぽつ降っていたからか、
オシロイバナの香りが色濃く立ちのぼっていました。

オシロイバナ。

濃いピンクや黄色の花で、黒い小さな実を付けて、
その実を割ると白い粉末状のモノが出てきて、
小さい頃、いっぱい集めて「お化粧」と言って顔につけたりしていた。
懐かしい香りだった。

花言葉は、臆病。

2005年8月13日土曜日

雷。

ゲホゲホ。
ようやく少し声が出てくるようになったけれど。
病院へ行って、お薬ゲット。
5種類。
昨日、伊勢丹のBPQCにあるサプリ屋さん(栄養士さんが、色々カウンセリングした上で選んでくれる)で買ったサプリが1日10粒。

閉店後ディスプレイ替えのために残業して帰宅して、11時半近くに食事を終えて。
それら全部を飲むのに要したコントレックス、コップ2杯。
なんだか飲み終えるだけで、グッタリ。

窓の外で、雷が、すごいです。
ひっきりなしです。
雷のたびに、山田カマチを思い出して、そして怖くなる。
また、光ってます。

2005年8月12日金曜日

再会。

九州赴任中の学生時代の友が、お盆休みで帰省しているので、1年半ぶりの再会で飲んできました。
男の子だけれど、同業者。
毎日ちゃんとスキンケアしているということで、信じられないくらいお肌がツルツルになってた。
そりゃあ数万円もするアイテム使って、効果がないはずないものね。

私の声は相変わらずヒドイもので、みんなに最初は驚かれたけれど、話してるうちに「ちょっとかわいく思えてきた」と。
そんなものでしょうか。
本人は心底ツライのですが。
明日朝一でお医者へ行ってきます。

2005年8月10日水曜日

声。

なんとか、4連勤、終わりました。
全然無事ではなかったけれど。
ほんとに声が出なかったので、電話が鳴るたびビクビク。
ちょっと発声練習とかしてから受話器をあげる。
大概が会社の人からなので「どうしたの?!」と驚かれるくらいで済んだ。(同期は心配しつつ、大爆笑していた)
あ゛−−−−−−。
声が出ないって、大変。

携帯電話は、非通知着信拒否設定にしているのだけれど、かかってきたかどうかだけわかる仕組みになっているのです。
呼び出し音は鳴らないし、相手にも「ツーツー」という状態なのだけど。(たぶん)
なので逆に、その着信が残っていると、すごく気になってしまう。
誰〜?というより、なんで非通知〜?と。
つまり、先ほど非通知着信があったので、今、すごくスッキリしない気分。
通知されていたところで、声が出ないから電話にも出ないのだけれど。
あ゛−−−−−−−。

2005年8月8日月曜日

非常事態。

喉はさらに悪化して、ほとんど声が出てません。
いけないとわかりつつ、ずーっとトローチを舐めて、
いけないとわかりつつ、30分おきにカウンターの下でのどぬーるスプレーして、
それでもゲホゲホいいながら接客をして、
帰ってきてうがいをしたら、血が出た。
危険きけん。

もう寝ます。

2005年8月7日日曜日

雨音呟く。

咳のし過ぎで、どんどん喉がおかしくなって。
現在、ニューハーフのような声になっています。
どうしよう・・・。
今日から4連勤なのに。
接客業で、この声は、いくらなんでもダメなんじゃないかな。

最近、部屋でいつも聴いているのが、小谷美紗子さん。
高校生の頃から大好きで、年月を重ねるほどに、好きになっている。

「嫌われたくない
自分のせいにされたくない
言いたいこと言えず
人任せにして哀しい

素直な曇り空 上手に泣いている
何から探そうか 雨音呟く」
(from 雨音呟く)

グサリと突き刺さり、癒されています。

2005年8月6日土曜日

風邪の日。

いっぱいいっぱい言い訳されたら、少しは楽になるのでしょうか。
言い訳されるほどに傷つくということも、昔経験したけれど。
事実に対して、ではなくて、状況に対して
悩んでいるのではなくて、ただ単純に、落ち込んでいる。

いっぱいいっぱい言い訳することが許されたら、
きっと私は言ってしまう。
許されていないから、言わないだけだ。
誰に、許されていないのだろう。

2005年8月4日木曜日

傷付ける。

私だって、
ショックを受けたり、
落ち込んだり、
熱を出したりもする。

平気な顔をして裏切ったのは私だけれど、
平気なふりをしているのも私だ。
すべてを委ねることが許されるような、錯覚をしていたけれど、
あれは朝までの、限られたほんの数時間だけだった。

2005年8月2日火曜日

頭痛。

痛い頭を抱えて、
大きな荷物も抱えて、
ひとりスタバで、ただひたすら待つ。
頭が痛いくせに、色々考える。
色々考えるから、余計に痛む。
悪循環。
発熱。

私は最悪なヤツだわ、と言ってみたところで、
別にフォローが欲しいわけではないのに、
ちょっと期待しちゃうのは何故だろう。

2005年8月1日月曜日

現状。

この状況は、わたしが選んだ。
のかなぁ?
だったら、どうして、選んでしまったのだろう。

いつも、同じようなことを繰り返す。
自分を、自分で貶める。
そのことに、気付かないふりをする。
気付かないふりをしていることにさえ、気付かれずに過ぎていく。

人。

こんなにお天気の良い午後ですが、
二日酔いでとても気持ち悪い。。。
いつもはあまり引きずらない方なのに。

自分のことを、悪い子、と言った直後に、
あ、もう“子”と言えるような年齢じゃないわ、
と思って、悪い人、と言い直してみたけれど。
なんだか全然ニュアンスが違くて。
“人”で表現するのなら、バカな人、が一番ぴったり。

あー、気持ち悪い・・・。