2005年8月18日木曜日

最終日。

色々なことがあった10ヶ月半でした。
一言では、とても言い尽くせない。

去年の10月から入店していたお店の改装に伴って、
化粧品数メーカーが撤退することになり、
今日が、その最終日でした。
片付けやらなんやらで、この数日間は死ぬほど忙しかったけれど。
髪は乱れるし、お化粧は崩れるし、汗は止まらないし。

それで、今日の午前中、一番乗りで、ずーっと長年愛用してくださっている会員様がいらして。
先週も、いらしてくれたのだけれど。
わざわざ「みんなで食べて」ってお菓子まで持ってきてくれて。
寂しくなるわねぇ、でもまた会えるわよねぇ、と30分ほど繰り返して帰られるときに。
「あなたも身体に気をつけて頑張るのよ、ありがとね」
と肩を叩かれた。
お肌つるつるの小顔で、ステキな笑顔で、背筋がしゃんとして、いつも日傘を抱えていて、小学生のひ孫がいる、75歳のおばあちゃまに。
思わず、涙腺が緩みかけました。

ほんとに色々な経験をして、色々な出逢いがあって、
おうちのような居心地の良さで、大好きなお店でした。
恵まれた空間でした。