2005年9月3日土曜日

したたか。

したたかになれたら、いいのになぁ。
その上の上の、上をいくような。

アルコールを身体に流し込んでみたけれど、
記憶は出て行ってくれはしない。
それに比例してすべるように饒舌になって、
けれどもあの子の目はまっすぐ見れなかった。

したたかになれたら、いいのになぁ。
そう思いながらも、やっぱり私はもどかしいことしかできないでいる。
きっともう、全ては過去なんだ。
哀しいことではなく、安心すべきことなんだ。