2006年1月15日日曜日

迷子。

目標を掲げて、24年目にして、生まれて初めて節約という行為をしています。
きっかけはあるヒトの発した一言であるのだけれど、これが私の人生の大きなターニングポイントになるような気がしている。
けれども、どこへ辿り着いてしまうのか、さっぱりわからない。

心配したり不安になったりしたところで、結局は自分で選んで頼らず進むしかない。
ストレスも溜まる。
弱音も吐けずに溜まる。
こうゆう心細さは、今までにも何度も経験したはずで。
過去の私は、それをどうやって乗り切ったのでしょう?

頑張る、という言葉が、痛々しく響くようにはなりたくありません。
頑張る、ってあまり口にはしないけれど。