2006年4月4日火曜日

STRINGS.

いつも流されるままに過ごしていた私が、自分で流れを作ろうという決心の元、下した決断に実直になった日でした。
あれこれ考えすぎていたけれど、たぶん70%くらいは取り越し苦労だったみたい。

帰り、乗り換え駅のCDショップで、山崎まさよしの『WITH STRINGS』を買った。
CM見るたび、気になっていて。
今すごく後悔しています、もっと早く買えば良かったって。
山崎まさよしの声自体が弦楽器のようだとは前々から思っていたけれど、やっぱりでした。
DVDも付いていたので、部屋の電気を消して、キャンドル2個だけ灯して、ベッドの隅っこに丸まって、観た。

one more time one more chanceを聴くと、思い出すヒトがいる。
思い出すけれど、その感情は何に起因するのか、わからない。
すっぽりと、私の生活から抜け落ちてしまったヒト。
この前、友達に、

まことがあのヒトを利用していただけなのかもね

と言われたけれど、そうだったのかもしれない。
そんな気がしてきた。