2006年5月3日水曜日

かけがえのないもの。

大切な友と、仲直りが出来ました。

私があり得ないくらい最低なことをして、一方的に怒らせてしまった。
それから、約8ヶ月半。
出会ってから、こんなに長い間会わなかったのも初めてだった。
空白の期間は、どれだけその人の存在が私にとって不可欠なものか、痛いほどわかった。

くじけそうな時や、
腹が立った時や、
嬉しかった時や、
どうでもいいくらいくだらないことでも、
気がつくといつも電話してた。
携帯の充電が切れることなんて、しょっちゅうだった。
私に、涙と鼻水でシャツの袖をぐちゃぐちゃにされても、嫌な顔せず話を聞いてくれた。
おいしいコーヒーを淹れてくれた。
兄妹ですか?と聞かれることもあった。
酔っ払った私を、迎えにも来てくれた。
気がつくと、いつもそばにいた。

甘えすぎて、いたのだね。
ごめんなさい。
仲直りしてくれて、本当に本当にありがとう。
本当に本当に、嬉しいです。