2008年1月9日水曜日

僕の右手を知りませんか?

ブルーハーツ聴きながら、帰宅。
寒い夜空の下だけれど、アルコールを流し込まれた身体は、予想以上にぬるい体温。

あの人が“敢えて”取る行動は、
結果として私に待つことを悲観視させなくなったことに、
本人は気付いているのでしょうか。

期待していたモノを与えられるより、
期待していなかった方が振動は大きい。
そのことを、あの人は知っているのでしょうか。

だから、結局私は不動に幸せだと
知っているのでしょうか。