2008年5月8日木曜日

遠吠え。

左目からボロリと零れた涙が右目に入って、
さらに溢れて枕に吸い取られた。

そばにいたかった。
力になりたかった。
笑顔を見ていたかった。
強くなりたかった。

けれども全て、私の手で壊した。

触れるのを恐れた。
とことん無力だった。
泣き顔ばかり見せた。
強がるほど弱くなった。

思い出すだけで、飽きることなく反射的に涙が出るものだから、
思い出さないように努めていた。
平穏な毎日が送れるように。
あのヒトの平穏な日々を壊したのは、間違いなく私なのに。

それなのに、また。