2008年7月7日月曜日

矢印。

バスの座席に身を沈めて、遠く遠く遠いことに想いを馳せていたら、
視界の左の隅に大きな白い犬をとらえた。
走るバスからギリギリ位置で寝そべる大きな犬。

驚いて振り向いたら、アスファルトに描かれた左折の矢印だった。

疲れてるのかな、私。
疲れてるせいにしていいのかな。


考えは同じ輪郭をなぞるのみで、
繰り返すほどに浮き彫りになる。
縋れる藁もなく、ただばたばたともがく両手。