2008年8月27日水曜日

ノコルモノ。

膨らみすぎた風船のように
あのヒトは私の中で大きくなって、
内側から圧迫していた。
私の中にあったはずのもの、全て追いやって。
私の中身は、あのヒトと本能だけになっていた。


風船は弾け、私は空洞になった。


あんなに幸せに震えていた身体も今は、
空っぽの空間に注がれた涙と、残っていた本能だけ。

ただ会いたいと、繰り返すだけ。
また眠れない夜がきた。