2008年12月18日木曜日

星雲。

深夜、部屋からぼーっと外を眺めていたら、
窓の外はむせるくらいの星雲が。
川の流れのようなスピードで、
西の空から東の地上へ向かう斜線を描いていた。
流れる途中で形を変えて、
それはウサギになったりシカになったり。
ちゃんと形を成すと同時に、家の裏の駐車場に着陸するので、
駐車場は動物を象った星雲で埋めつくされていた。

慌ててデジカメを手にして、シャッターを押した。

形を変えながら空を横切る様子と、駐車場。

その話を興奮しながら友達に語り、デジカメに入ったデータを見せようとしたら、
撮ったはずの写真はなく、
代わりに残っていた今までのデータが
全てぼやけていた。



という、夢を見て目を覚ましました。
すごくリアルで、それは本当に綺麗な光景だった。

今夜は双子座流星群ですね、とメールを送った週末。
あの人には空を見上げる余裕はあったかな。