2011年12月18日日曜日

こっち、おいで。

試練。

なんて、私には程遠いところにある言葉。

頑張っているヒトのところに。
ようやく幸せを手に入れたところに。
突然許可なくやってくるもんだから、もう。

神様、お願いだから、
少し、そっとしておいてあげて。
乗り越える力を持っていたとしても、
奮い立ち続けるのは、きっと楽じゃない。

なんて、神様を頼らない私の祈りは
届かないのでしょうか。


試練。
のほほんと生きている私のもとに
軌道修整してやってきていいよ。
乗り越えられるかどうかはわからないけど、
もう、そっちには行かないで欲しい。



2011年12月6日火曜日

wind

祈ること。
願うこと。
惰性ではなく、主体性をもって。

その未来に私はいなくても、
そんなことはどうでもよくて、
ただ、また笑顔になれる日がおとずれますようにと。
そのためにできることに、私が気づけますようにと。



2011年11月27日日曜日

ヒメゴト。

それはきっと、言葉にすることで、
どんどん色濃くなっている。
確固たる意思なのか、
無意識なのかさえ、
わからない緩慢さで。


確かなことは、
緩やかにでも、
物事は進んでいるということ。



2011年11月23日水曜日

time after time

If you're lost you can look
and you will find me
Time after time
If you fall I will catch you
I'll be waiting
Time after time



『time after time』が大好きで、
iPodの中にはシンディーver.をはじめ、
カバーされた6パターン入っている。
どれも好きだけれど、
とりわけCassandra Wilsonの声が癒し。

このサビが、何よりも力をくれる。
力となるモノになれるような、
絶対的な強さをくれる。



2011年11月21日月曜日

BON MARIGE

大雨の土曜日は、
大切な大好きな友の結婚式でした。
ゴルフが縁の二人にちなんだウェルカムベアを。

新郎から、何十回も
『ベア、本当にすごいよ』
と、お褒めの言葉をいただきました。

大好きな友の笑顔を見て、
その大好きな友を『幸せにする』と誓うことで幸せを感じてる新郎を見て、
その様子を終始笑顔で見守る友のご両親を見て、
私も喜びでいっぱいでした。

なんだか、それは新鮮な気持ちで。
その場に居合わせてくれたことに、
心から感謝を。
本当におめでとう。

2011年11月17日木曜日

Toy

やらなきゃいけないこと山盛りなのに、
こんなタイミングでiPhoneがやってきちゃったもんだから、もう。

でも、これからはサクッと、
この独り言も更新できるようになるかも。


siriは、やっぱりイギリス英語設定だと反応するものの、
アメリカ英語だとことごとく聞き返されています。あぁ。


2011年11月15日火曜日

石橋は叩かず、何かを掴む手。

 いろいろと、おもうことがたくさんあって、
少しでも頭を休ませるべく、
友達を待つ間のカフェのお供に買った小説。

沼田まほかるさんの『彼女がその名を知らない鳥たち』
タイトル買い。
内容よりも、このタイトルが一番秀逸でした。

久しぶりに、馴染みのない作家さんの作品だったけれども、
なんだか、一言では表現できない後味。
昨日、父親も別の沼田作品をタイトル買いしていたことを知りました。
どうやらやっぱり、遺伝子の影響は、強いようです。


日々、製作に没頭していて、
それはとても幸せであると同時に、過酷なこと。
けれどもやっぱり、貪欲に貪欲に生きたい性分なので、
何かを得るために、何かを捨てることが出来ない。

石橋を叩かず渡っている、と昔から言われてきたけれど、
前ばっかり向きすぎて、石橋を渡っていることにさえ
気付いていなかったのだけなのかも。

まだまだ、貪欲に進化したいです。



ベアと関係なさすぎですね。ね?

次回は、新作のご紹介をしたいと思います。

あ、この手は私の手ではなく、
コペンハーゲンのニューカールスベア美術館で出会った手。

2011年11月4日金曜日

je peux changer.

わたし変わりたいの。

と、発言するたびに、ことごとく

あなたは変われないよ。

と笑われているけれど。
本当に、変わりたくて、変わろうとしている。
変わりたかったけれど、変わろうとしていなかったのは、今までのわたし。
すぐには全部、正すことは無理だけれど。
すぐには、ちゃんと眠ることも難しいけれど。

変われないって自分を諦めていた自分から、
変われるって信じられる自分になったことが、
もう大きな変化じゃない?

そろそろ朝刊の配達される時間。
それでも空が明るくなるまでのほんの少しの間でも、
眠れるわたしになれますように。

2011年10月31日月曜日

trick and treat.



ここ数日。
自分のバカさ加減に呆然として、唖然として、
泣くに泣けない、ほんとはちょっと独りでメソメソしたけれど、
強がり切れない、そんな状況だったのでした。

でもね。
それがきっかけでヒトの優しさに触れて、
それはもう、想像も予想もしていなかった優しさで、
あまりにビックリして涙が引っ込んだ。
単純。

忘れてしまいがちだけれど、
勘違いしてしまいがちだけれど
「ひとりぼっちだけれど、孤独じゃない」
という、村上春樹「1Q84」の一節が浮かびました。

trick or treat?
trick and treat!

2011年10月23日日曜日

犬のごとく。

galerieに、UPしました。

ワンコです。
いつもとは、ちょっと違った素材で、
いろいろと学ぶことの多かった子。

でもやっぱり、表情というか、空気感というか、
全体に共通して流れるものを見ると、
産んだー!って気がします。


頑張る、の先にある
具体的な目標を幸運にも得たので、
しばらくはそこへ全力で向かうつもり。
犬のごとく、喜びに舌を見せながら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

にほんブログ村ポチっとして頂けると喜びます

2011年10月22日土曜日

過去と。

実は、ほそぼそと、ここ数ヶ月、
以前のブログデータからの移行、なんて作業をしていました。
そして本日、ようやく全て移行完了。
(ほんとうは、それよりも以前から書いていたはずなのだけれど、
 その元データがみつかりません・・・)

間、ごっそりと抜けている時期があったりもするけれど、
今日まで、全部で800以上の記事。
自分でも、よくこんなに書いていたものだとビックリ。


先日、友達とお茶をしていた際に、
いかに今までの私は省みる点が多いことか、と嘆いてみたら、
「でも、それでここまできたわけだし、急に変わるのは無理じゃない?」と一言。

一貫性がなくて、ゆらゆらと揺れてばかりで、
悩んだり開き直ったり、落ち込んだり高揚したり。
そんな日々の記録を読み返してみて、気付いたことは、
そんなゆらゆら揺れている、という状態を貫いていたということ。

「私の日記は理解しがたいと言われる」
と何度か記していたけれど、(実際、客観的に見てそうだと思うけれど)
自分で読んでみると、その時、実際には何が起こっていて、
本当は書き残したことにプラスして何を思っていたのか、とか、
強がって書いている言葉の裏ではどんな弱音を吐きたかったか、とか、
全部、本当にひとつひとつ、鮮明に覚えていました。

きっと、間違った選択もいっぱいしている。
立ち向かえずに、逃げたこともいっぱいある。
悪態をついてしまったことも、作り笑いで許してしまったことも。
けれど、そのひとつひとつ、どれかひとつでも欠けていたら、
きっと今の私ではなかったのでしょう。

過去は、私を強くする。
誇れるようなものでないとしても。
ゆらゆら揺れながらも、今、と未来、は少しずつ、
思い描く像に近づけるように。




2011年10月16日日曜日

忘れていたこと、忘れたくないこと。

 またもや、作業をしていたらこんな時間。
秋深し。

さきほど、探しモノをしていて、
フランスに留学していた頃のメモ帳を見返していました。

散歩をして通った道の名前、
その日買うモノのリスト、
ショコラティエで買ったチョコの覚書から、
博物館でのスケッチ、
覚えた単語、友人の名前。

そんな雑多に書き留められたものの中に、あった言葉。

「魚はそのままでも魚だけれど、
お菓子は水の中に入れてしまえば
溶けてなくなってしまう。
ゼロから生み出す楽しさに惹かれた。」

一瞬、自分で書いた字にもかかわらず、
何のことだかわからなかったのだけれど、
記憶をたどって思い出しました。

これは、パティシエとして、フランスへ来た友の言葉。

どうしてパティシエになろうと思ったの?という私の問いに、
彼が答えてくれたモノでした。
きっと、真摯に答えてくれたその想いを、
残しておこうと思って書き留めたのでしょう。
それを忘れてしまっていたことを、深く反省。

きっと私がテディベアを作るのも、
それに近い感覚なのだと、共感したはず。

忘れたくないと願ったことを、
忘れないでいられる人間になりたい。

歩いた道の名前や、チョコの名前や値段は忘れてもいい。
ただ、その時感じた空の青さや風の冷たさ、
口に広がった甘さや、何故だかわからないけれど泣きたい気持ちになったこと。
せめてそういう感覚だけは、忘れないでいられる人間でいたい。

2011年10月12日水曜日

mother leaf.

最近、私を癒してくれているのが、マザーリーフ、という植物です。

葉から、新しい芽が生えているの。
水に浮かべているだけなのだけれど、
葉の裏から根っこが伸びて、育っています。

小さな芽が出てくるたびに、
愛おしくて愛おしくて、ホッコリした気持ちになります。

新しい「何か」を産む力は偉大。
今回、いつもと違った子を産んでいます。
学ぶことも多くて、それが楽しくて仕方ない。
幸せです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

にほんブログ村ポチっとして頂けると喜びます

2011年10月11日火曜日

その空の向こう。

まっすぐにがんばるヒトの言葉を聞いて、
私もまっすぐになろう、と素直に思えた。
南半球から、リアルタイムで届く想い。
心に効いたよ、ありがとう。
私も、がんばる!

秋晴れの一日。
今週は、今まで以上に集中して産みます。

2011年10月7日金曜日

ネコ好きの、ネコ好きによる、ネコ好きの為の。

オンラインショップの製作ブログと、こちらの独り言日記と、
どう書き分けて良いのやら、模索中。。。

などとボヤいている間に、子猫が生まれました。


最近、以前にも増して画像の加工にハマっています。。。

ネコ、、、
本物の子猫の方が数百倍可愛いのは承知しているけれど、
デザインした通りの子になりました。
今回、初めてヒゲをはやしてみました。
どうすれば抜けない強度のヒゲになるか、
試行錯誤の末、理想どおりの形に。

そして、次の1匹に既に取り掛かっています。
この子はオンラインショップでの販売ではないのだけれど、
良い出会いがあれば良いな、と願っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

にほんブログ村ポチっとして頂けると喜びます

2011年10月3日月曜日

寝子。

眠ることが大好きで、
放っておかれたら、
きっと丸2日くらい眠れるほど。

それと同時に、眠らなくても大丈夫な人間で、
集中していれば丸2日くらい
一睡もせずに過ごせる。
(しかも、いたって普通)

集中、とはまた少し違うけれど、
一番厄介なのが自分の思考回路。
閃いたり、アイディアが浮かぶ時は連鎖的で、
どこまでも連なってしまって、
なかなか休ませてくれません。
あいやいや。


今日は大好きな、そして大切な生き物を産んでいました。
明日も、良き一日を。

2011年9月28日水曜日

号泣する準備はできていた。

 ここ数日、お風呂で読み返していた短編小説集。

「号泣する準備はできていた」江國香織

もうきっと、ずいぶん前に終わっていたこと。
自分の意思に反しながらも、他の選択肢が見つけられずに
自分の手でピリオドを打ったこと。

その事実を忘れてはいないのに、
むしろあのときの空気の冷たさや涙の温さや、
鮮明に覚えているにもかかわらず、
その手触りを再度確認するかのように。


これはきっと、もう、何度も、ずいぶん前から、
号泣する準備はできていた。
準備しすぎて、涙も声も、出せなかっただけ。

2011年9月20日火曜日

オープン!!

   自分が成すべきことがあるならば、
   断固として実行しなさい。
   それが願いを叶える唯一の方法です。

                       ブッダの言葉


だいぶ遅くなってしまったけれど。
ようやく私も「断固として実行」の時機を迎えました。

NEWオンラインショップ、本日オープンです!

boutique de MON ALLURE
サイトのメニューからも、飛べます。

先日予告した子は完成が間に合わなかったのですが、
近々アップ予定。
現在は、ウェディングベアの予約のみです。

・・・そして、同じくハンドメイドの趣味が高じて、
アクセサリーも併せて始めました。
ベアと同じく、素材にこだわって製作しています。

ぜひ、遊びにきてくださいね♪

2011年9月17日土曜日

オープン日、訂正。

 前回の記事を、早速訂正させてもらっちゃうのですが。

18日(日)にオンラインショップのオープン予定でしたが、
3連休明けの20日(火)に変更いたします。

銀行などのシステムや郵便局がお休みなので、
しょっぱなから動かないのはどうかと思い。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

その代わりに、
オーダー製作の受注メインで進める予定なのですが、
オープンまでに一人、オーダーじゃない子を用意しようかな、なんて。

わくわくします。

2011年9月14日水曜日

stamp

オーダーしていたスタンプも到着。

自分でデザインしたものが、そのままスタンプに。

小さい丸型には、ロゴと一緒に
大好きな鍵モチーフを。


かわいくて、大満足。
オンラインショップは、18日(日)にオープン予定です!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

にほんブログ村ポチっとして頂けると喜びます

2011年8月28日日曜日

大きな子。

久しぶりに大きな大きな子を産みました。




お手持ちの人形と並べて座らせられるサイズの子を、
ということでオーダーいただきました。
身長41cm!

このサイズ、何が一番大変かって、
スタッフィング(綿詰め)です。
ギュウギュウと押し込む作業は、汗だく!!

私は「パンヤ綿」という天然綿を好んで使用しているのだけれど、
天然素材ゆえ、ふわふわと浮いた綿くずが
腕や脚に張り付いて、さらに悲惨なことに。
それでも化繊綿は使いたくないのです。。。
見えない部分だけれど、ゆずれないこだわり。

昨日編んでいたクロシェは、
三角ストールとなりました。

galerieでご紹介しています。
ぜひ、ご覧ください



にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ

にほんブログ村ポチっとして頂けると喜びます

あみあみ。

 ソファに横になったまま、
1年ぶりのレース編み。
あみあみ


ベア用です。

お似合いの、良い子が誕生しています。
お披露目は近々。

2011年8月21日日曜日

小休止。

 


書きたいことは多々あるのだけれど、
体調を崩してしまいました。
完治までには、しばらく時間を要する様子。

思うように作業が進まずやきもきしてしまうけれど、
入院しなきゃいけないほどではないわけだし、
ノロノロでも出来ることに感謝。感謝。

思わぬ方向に、転がっています。
like a rolling stone!!!!

2011年7月20日水曜日

VACANCE!

南半球に浮かぶ島で、
一週間ほどのんびりアクティブに過ごしてきました。

もう見ての通り、
サイズの合っていないベアフットサンダルでさえ、
喜んで着けちゃうくらいのテンションでした。

思うようにいかないことがあったり、
深く考えないようにしていることがあったり。

相変わらずの毎日だけれど、
こうやって贅沢にすごす時間は
全てを「まぁいっか」と思わせてくれる。

本当は、まぁいっか、ではないのかもしれないけれど。

2011年7月6日水曜日

終わりのその次。





猛暑の新宿、41階。

大好き、と、尊敬、って、
全然違うようで、きっと一緒なんだと思う。

大好きなハイアットのピークラウンジで、
大好きなアフタヌーンティを。

2011年7月4日月曜日

Thank you.

 「ありがとう」

って、言葉をかけてもらうとき、
その何倍も、何十倍も、
ありがとうって思っているのだけれど、
それを表現する技術が足りない私。

いつもいつも。


夏と一緒に、新しい門出。

2011年6月28日火曜日

j'espere.

 c'est pas facile d'arreter d'etre perdue dans mes pensees...mmm.
j'ai envie de voler en France...!!!!


いろいろなアイディアや計画をまとめようとしていたら、
頭の中はフランスに飛んでいました。
フランス禁断症状発症中。
きけん。きけん。

有言不実行な自分に、ほんとうに驚いています。
なんだか他人事のようだけれども、ほんとうに。

自分の意思とは別の何かが働いて、
思わぬ出来事の渦の中にいたりします。
幸せだから、良いのだけれど。
5月中、という宣言から2ヶ月が過ぎて、
きっと7月には・・・きっと!!!!

猛暑にやられて「やっぱり、秋」って言い出さないように、
祈っててください。見守っててください。

2011年5月18日水曜日

大雨の後で。

もろもろ、同時進行で進めていると、
なんだか一つも進んでいないような気持ちになります。

仕事においては優先順位をつけるのも、
確実にこなしていくのも得意なのに、
独りだとあっちこっちに意識が飛ぶ。
悪い癖。

あっちこっちに飛んだ結果、
唐突な展開を見せつつあります。

先日友人に『まことさん、定まってないね』と言われて、
確かにそうかも、と思ったけれど、
でも実は、ただ単に欲張りなだけなのかも。
貪欲に、楽しみながら生きたいのです。

2011年5月6日金曜日

ヴェルサイユに想いを馳せる。



良質で重厚な、すてきな映画を観ました。

『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』

静かな時間の流れと、
クラヴィーアと弦楽器の旋律と、
一人の少女の情熱と諦めと愛と。

主役のナンネルを演じた監督の娘、マリー・フェレが
絵画から抜け出てきたような佇まいと美しさで。
ハッピーエンドではないフランス映画的な終わりに、
エンドロールと同時に涙が止まりませんでした。

うつくしいもの、うつくしいとき。

この連休で、諸々と作業をしています。
近々、5月中には形になってお披露目したいです。
お待たせしすぎているけれど、
もうしばしマイペースなmon allureにお付き合いください。

2011年3月3日木曜日

ねがうもの。

長年の友人に、

あなたは自分のことが好き?
誰かの幸せを願う以前に
自分の幸せをちゃんと願ってる?

って、聞かれた午前0時過ぎ。
その言葉の持つ意味を、
受け身もとれず、防御もできないまま、
真正面から受け止めてしまった。
真っ直ぐなヒトの真っ直ぐな言葉は、
避けることさえ難しい。

笑うしか出来なかったのは、
それが答えだったからだ、と思う。


自分の幸せも、きっと私、
笑っちゃうくらい、願ってる。

2011年2月21日月曜日

2月、あけぼの。

眠れぬ夜は、
ベアのことを思います。

後から後からアイディアは連なって、
よけいに眠れなくなり、
朝。

窓の外、空が白んできました。
モノクロで写した青空のような色です。

春の訪れよりも少し早く、
そろそろ冬眠から目覚めようと思います。