2011年5月18日水曜日

大雨の後で。

もろもろ、同時進行で進めていると、
なんだか一つも進んでいないような気持ちになります。

仕事においては優先順位をつけるのも、
確実にこなしていくのも得意なのに、
独りだとあっちこっちに意識が飛ぶ。
悪い癖。

あっちこっちに飛んだ結果、
唐突な展開を見せつつあります。

先日友人に『まことさん、定まってないね』と言われて、
確かにそうかも、と思ったけれど、
でも実は、ただ単に欲張りなだけなのかも。
貪欲に、楽しみながら生きたいのです。

2011年5月6日金曜日

ヴェルサイユに想いを馳せる。



良質で重厚な、すてきな映画を観ました。

『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』

静かな時間の流れと、
クラヴィーアと弦楽器の旋律と、
一人の少女の情熱と諦めと愛と。

主役のナンネルを演じた監督の娘、マリー・フェレが
絵画から抜け出てきたような佇まいと美しさで。
ハッピーエンドではないフランス映画的な終わりに、
エンドロールと同時に涙が止まりませんでした。

うつくしいもの、うつくしいとき。

この連休で、諸々と作業をしています。
近々、5月中には形になってお披露目したいです。
お待たせしすぎているけれど、
もうしばしマイペースなmon allureにお付き合いください。