2011年9月28日水曜日

号泣する準備はできていた。

 ここ数日、お風呂で読み返していた短編小説集。

「号泣する準備はできていた」江國香織

もうきっと、ずいぶん前に終わっていたこと。
自分の意思に反しながらも、他の選択肢が見つけられずに
自分の手でピリオドを打ったこと。

その事実を忘れてはいないのに、
むしろあのときの空気の冷たさや涙の温さや、
鮮明に覚えているにもかかわらず、
その手触りを再度確認するかのように。


これはきっと、もう、何度も、ずいぶん前から、
号泣する準備はできていた。
準備しすぎて、涙も声も、出せなかっただけ。