2015年10月23日金曜日

理由を探すような。

めまぐるしく過ぎた日々を振り返っているうちに、
気づけばすっかり空気はひんやりしていて、
わたしは身にまとう香りを変えてみた。

ステキな理由が途切れないことは
それはそれでステキだけれど、
理由がなくても、もっとシンプルな理由でも、
きっともっとステキだとおもう。

本能に動かされるような、
必然だと信じられるような、
そんな優しい日々が欲しい。

2015年10月11日日曜日

テディベアフェスティバル in 京都。

ギリギリまでバタバタし過ぎていて、事後報告になっちゃいましたが…
10月10-11日に開催されたテディベアフェスティバル in 京都、無事に終わりました!
お求めいただいた皆さま、
お立ち寄りいただいた皆さま、
お声がけいただいた皆さま、
写真を撮っていただいた皆さま、
ほんとうに、心から、ありがとうございました。

テディベアを作り始めて約18年、MON ALLUREの名前で活動を始めて15年。
初めてテディベアのみのリアルイベントへの出展だったのだけれど、
テディベアを愛する人たちの熱量を直に感じることのできた空間と時間でした。

それと同時に、他のクラフトイベントにはない独特の雰囲気を感じて、
それは良い面でもあるし、もったいない面でもあるなあ、といろいろ感じた二日間でした。

今、感じていることを深堀りして、
今後わたしがどう進んでいきたいのか、進むべきなのか、をしっかり考えていきたいです。

そしてそして、今回、わたしにたくさんたくさんの力を貸して支えてくれたデザイナーさんが制作してくれた素敵なディスプレイ!
素材を置いたり、ツールを置いたり、というアイディア、
わたし一人の頭では絶対に思いつかなかったけれど、
皆さまに興味深く見ていただけて本当に良かった!

もっとこうしたい…って思いがむくむくと。
東京へ戻る新幹線の中、
もう気持ちは次へ次へと向いています。

2015年9月23日水曜日

空の中にて。

北米の上空から、こんにちは。


夜へと移りかわる空の中を突き進みながら、
わたしは黙々と制作中。
anytime, anywhere.

窓の外を眺めると、眩しさにしばらく手元がぼやけます。

2015年8月9日日曜日

ちから。

10月のフェスに向けて、目下ベア出産中。
・・・なのだけれど、暑さにやられてなかなか進みません。
そんな中、目にしたこちらのツイート。
母親とはぐれてしまった子カンガルーが、テディベアを抱きしめる図。
きゅん と すん の間のような、愛おしさと切なさが入り混じって、
テディベアの秘めた力に思いを馳せてみたりしています。

2015年7月4日土曜日

夜景と夜食。

20代の頃、些細なことに憤ったり落ち込んだりする私をみて、
年上の友人たちは
若いっていいね
と微笑んでいた。
そうやって感情的になれるのも、若いからよ、と。

今、その頃の友人たちの年齢になって、なんとなくわかる。
憤ったままではいられないこと。
落ち込んだ様子は見せられないこと。
たしかに、その感情に留まろうとしていたあの頃の私は、若かったのだとおもう。


何に乾いているのかさえもわからずに、
ただただ、とにかく水を求めていた日々。

2015年6月28日日曜日

サンキューごえん。

本日、ごえん市、閉幕いたしました!

脚をお運びいただいた皆様、
お求めいただいた皆様、
お声がけいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

と同時に、今回はクリエイターの方たちともお知り合いになれて、
とても有意義で貴重な機会でした。
良い刺激をもらうと共に、
ファンになった作品もたくさん!
(いっぱいお買い上げしちゃいました。。。)

これから10月までは、テディベアフェスに向けて
9割以上のパワーをベアに注ぎます。


2015年6月23日火曜日

ごえん市@マーチエキュート

はじまりました、ごえん市。
今回はアクセサリーオンリーの出展です。


未発表の新作も何点か出しています。

初めて訪れたマーチエキュートはステキな赤レンガの建物で、
中も不思議な作りのオシャレ空間でした。
ショップもレストランもステキ。

27・28日の16時から、私も店頭に立ちます。
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

2015年6月10日水曜日

ミント。

何かのために とか
誰かのために とか

ほんとうに心から願っているか?


と、問いつづけていた。
 問われつづけていた。

嘘と本当の間でゆらゆら揺れながら。

すくすく育つモノには敵わない。
だって、青空がこんなに良く似合う。

2015年5月17日日曜日

interested in Pinterest.

先週、台風の中参加させていただいた「Pinterest×iichi」のイベント。
pinterestの面白さを知ってしまいました。

たとえばこちらは、自然界の色を集めた私のボード、nature colours.
macoto さんの Pinterest ボード「nature colours.」をフォローしましょう。

世界中で数百億の“ステキ”が、どこかの誰かによってピンされているなんて。
想像するだけで途方もなくわくわくする。

2015年5月5日火曜日

芝桜を。

ゴールデンウイーク。
キラキラの太陽の下、満喫しています。
楽しいことも。やるせないことも。
けれど全部ひっくるめて、悔しいほどに愛おしい。

来月、リアルイベントが具体的に決まったので、
しばらく集中して製作期間に入ります。

2015年4月29日水曜日

4月もおわる。

毎日のいろんなことが、
楽しかったり嬉しかったり、
凹んだりやさぐれたり、
翌朝困るほど泣き腫らしたり、
お腹痛くなるほど笑ったり。

平坦で平穏な日々。

愛おしい。

2015年2月14日土曜日

ハウステンボスにて。

ツイッタにもちょこっと書きましたが
(いまだにツイッタの活用法がわからない私)
ハウステンボスのテディベアコンテストの一次審査を通過して、
トップ50に選出されました〜!

こちらの子↓
テーマが「色とりどりの花に囲まれて」だったので、
アーティフィシャルフラワーでベアスタンドを作成。
しかも、寝姿で固定されるように加工して。

そのスタンドの花々と同じカラーリングで、
耳と手足にローズ刺繍を施しました。
アイディアが浮かんだのは良かったけれど、
想像を絶する根気のいる作業で。
その結果、予想以上に可愛い子が生まれました。
諦めないで、産んで良かった。

今日から8月末まで、ハウステンボスのテディベアキングダムに展示されています。
お立ち寄りの際にはぜひ、ご覧ください。

2015年1月11日日曜日

食わず嫌い。

アンディ・ウォーホルの作品を初めてちゃんと観たのは、
NYのMOMAのキャンベルスープのシリーズだったと思う。
私には商業アートを理解できなくて、
たぶんそれは今でも変わらないけれども、
先日美容院で手にした特集があまりにも面白くて、
バックナンバーを探して購入しました。

casa brutusのアンディ・ウォーホル特集。

いろいろな角度からのウォーホルの解説を面白く読んでも
やっぱり作品に対する捉え方は変わらなかったけれど、
つまり、交通事故記事の画像をリピートさせた作品に150億円という値が妥当だと理解はできないけれど、
アンディ・ウォーホルという人が歴史的に語られるべきヒト、ということはとても新鮮で驚く再発見でした。
愛と、尊敬を持って。

2015年。
食わず嫌いをしているものを、少しでも知ることのできるような一年にしたいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。